東野幸治も称賛! ギャル曽根の努力から生まれた「綺麗な食べ方」とは

日本テレビ系『1周回って知らない話』に出演したギャル曽根、その人気の秘密が話題に。

エンタメ

2017/06/22 17:30

(画像はInstagramのスクリーンショット)

21日放送、日本テレビ系『1周回って知らない話』に出演した大食いタレント・ギャル曽根。10年以上もテレビで活躍できる秘訣が紹介され、話題を呼んでいる。



 

■綺麗な食べ方は努力で生まれた

人気の理由は、大食いをしていてもブレない「綺麗な食べ方」。ギャル曽根は、テレビで食べ方を意識するようになった理由を語った。

「昔、牛丼の食べ放題をやったときに、卵が乗っていてそれを混ぜて食べた。その後、ネットに『食べ方が汚い』と書かれて。


それがショックで、色々な人のVTRを観て食べ方の研究をした」


食べ方を酷評されたことをきっかけに努力を重ねて身につけた、「綺麗に食べる技」も紹介。

・自分の口の大きさを完全に把握することで、ひと口が大きくても口が汚れない


・右向き25度が、口の中も見えず「美味しそうに食べる表情」もよくわかる理想の角度


口の大きさ、お箸に乗せる量、顔の向きなど「いかに品よく見せるか」を徹底的に研究し、体に染み込ませたようだ。

番組でMCを務める東野幸治は、「立派な芸」だと賞賛した。


関連記事:ギャル曽根、「お腹壊したりしないの?」の質問に… まさかの衝撃回答

 

■今日からできる綺麗な食べ方

日常でも活かせそうな、綺麗に食べる方法も紹介。

・麺を噛み切って器に戻すと汚く見えるので、最後まですすれる量に調整する


・空気に触れさせて、食べやすいように麺を冷ます


・手づかみが食べやすくても、ナイフとフォークを使う


・器は持って食べる


この食べ方を覚えておくだけで、デートなど食事をする場での印象が大きく変わりそうだ。

次ページ
■ネットでも多くの好感が