佐藤二朗、昭和に関する息子の質問に傷心 「きょうりゅう、いた?」

「しょうわいちねんに、きょうりゅう、いた?」と息子に聞かれて思わず傷心する俳優・佐藤二朗の投稿が話題に。

佐藤二朗
(画像はTwitterのスクリーンショット)

6月に天皇陛下の退位における特例法が成立し、約200年ぶりに生前退位が行われることになった。2018年末頃に皇太子さまへ正式に譲位され、元号も新しく変わる予定だ。

「平成も過去のものになるのか……」と平成生まれの人にとっても感慨深い瞬間になりそうだが、そんな中、個性派俳優の佐藤二朗の「昭和に関するツイート」が話題になっている。


 

■息子の悪意なき暴言 「昭和に恐竜いた?」

2日のツイート。息子とのエピソードについて綴られたもので、「しょうわいちねんに、きょうりゅう、いた?」という発言に動揺する彼の様子が描かれている。

この投稿はすぐに注目を集め、程なくして3万リツイートを突破することになった。

次ページ
■昭和を大昔と勘違い 体験談続々

あなたにオススメ