『僕やり』加藤諒はウンコ役での出演 「役名が酷い」と話題に

関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』に加藤諒が出演決定。いじめられっ子・ウンコ役を演じるそう。

加藤諒
(画像はTwitterのスクリーンショット)

窪田正孝主演で間もなく放送開始予定のドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ系)。

永野芽郁、川栄李奈、新田真剣佑などフレッシュなキャストが多数出演することでも注目されている本作は、公式SNSでの宣伝も熱心で、放送前から各出演者のファンを楽しませている。

そんな中、加藤諒の出演が新たに発表され、その「役名の酷さ」が話題になっている。


 

■いじめられっ子「ウンコ役」での出演

この作品は、人生をそこそこで生きてきた男子高校生たちが、ヤンキーへの復讐を企てようとした結果、不運にも爆破事故の容疑者になってしまうことから始まる物語だ。

多彩なクズキャラたちが登場する中、加藤が演じるのは「ウンコ」というあだ名で呼ばれるいじめられっ子・水前寺。この解禁にあわせて、宿敵・マル(葉山奨之)との対決の様子も、一部公開されている。

今回の出演に関し、加藤は以下のようにツイート。

「にしても役名凄くなぁい!?笑」と本人も驚きを隠せない様子だが、たしかに「うんこ役」を演じるというのは、今後の俳優人生の中でもまずないことだろう。


 

■「ウンコ役」での出演にざわつくネット民

この発表を受け、ツイッター上では「ウンコ!?」と驚く人が相次ぐことに。

次ページ
■「変なあだ名」経験率は12%

あなたにオススメ