「死んだらただのゴミ」妻子にプラモデルを捨てられた男性 「かわいそう」と同情の声

『今日で捨てましょう!』で大切なガンプラを捨てるハメになった男性に同情の声が

(Wavebreakmedia/iStock/Thinkstock)

当人にとっては宝物でも、第三者から見れば「タダのゴミ」という物がある。とはいえ、勝手に捨てられるいわれはないはずだ。

1日に放送された『今日で捨てましょう!』(テレビ東京系)で、とある家族の出来事がネット上で物議を醸している。


 

■父親のプラモを捨ててほしい

番組では、「必要ないのに捨てられない…」という人たちの願いを叶えるという企画を放送。

その中で、父親のプラモデルが邪魔でしかたがないので捨ててほしいという娘を取材した。「結構古いし、ホコリも被ってるから…」という理由で捨ててほしいそうだ。

しかし父親は、いつか息子と一緒に組み立てるのが夢で開封せずにとっているよう。息子は興味を示していないものの、中々捨てられずにいるという。

プレミアがついたモノはないため、捨てようとする番組側だが、「私にとっては価値がある」と父親は何度も抵抗した。


 

■「捨てたくない」という父

次第に、捨てようとする母・娘と捨てたくないという父の口論が展開。

「(夫は)ちょっと先に死ぬから、死んだらタダの普通のゴミ」と主張する母と、「死ぬまで持っててよ」という父。そこへ娘が「4つ捨てる」と切り出し、いくつ捨てるか議論に。

最終的に、「宇宙用」「地上用」とダブっているという物をひとつ捨てることに決着し、幕を閉じたのだった。

次ページ
■父親に同情の声

あなたにオススメ