明石家さんま「人生でやり直したいこと」を告白 その内容に驚愕

お笑いBIG3のタレント・明石家さんまが『痛快!明石家電視台』で人生でやり直したいことを明かした

(画像はTwitterのスクリーンショット)

「お笑いBIG3」のひとりとして、長きにわたり芸能界のトップに君臨し続けるタレント・明石家さんま(62)。

富や名声も得て、一見、幸せな人生を送っていると思われるが、3日に放送された『痛快!明石家電視台』(毎日放送)で語った「人生でやり残したこと」が話題に。

 

■さんまの「やり直したいこと」

番組では、「祝62歳!実際どうなん!?明石家さんま 美女からの質問SP」という企画を放送。人気女優たちがさんまに聞きたいことを質問し、さんまがそれに答えるというもの。

その中で、女優・長澤まさみ(30)から「62年の人生でやり残したことがある?」という質問が。

この質問に、さんまは「これはあんねん」と即答。芸能界で第一線を走り続けた一方、「私生活はいっぱいやり残したことがあんねん」と後悔していることがあるという。

そのひとつとして「自転車の二人乗り」を挙げ、会場からは若干のどよめきがあがった。


 

■女性関係にも後悔が

また、夜の営みについてもやり残したことがあると明かしたさんま。

ベッドでは彼女を満足させてあげられなかったいう。その理由について「忙しすぎて邪魔くさくなるねん。次の仕事考えたり」と、多忙で売れっ子であるがゆえの悩みを吐露した。そのせいか、夜の営みは淡白だったようだ。

しかし、夜の生活そのものは好きと堂々と語ったさんま。営み自体は好き、しかし仕事が忙しくて好きなようにはできない…というジレンマを抱えていたよう。

次ページ
■過去を振り返り…

あなたにオススメ