『セブンルール』に出演の家具工房「KOMA」 女職人と親方の師弟関係に称賛の声

『セブンルール』に出演した女家具職人と親方の関係にネットの反応は…

人間関係

2017/07/05 18:00

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

4日に放送された、フジテレビ系『セブンルール』で家具工房「KOMA」の若手女職人・武内舞子が紹介された。

「女だからできないと考えが嫌い」と厳しい職人の男社会に飛び込み、日々、腕を磨いている。そんな、彼女と親方の師弟関係が話題だ。


 

■親方は厳しいけど…

親方は、武内に椅子のデザインをするように、指示を出した。作品を提出すると親方は…

「書く枚数が少ない、これしか無くて、モノが作れると思ってはいけない。(デザインも)全然無理だよ、そんなものをよく俺に見せられたな。お前なんて、下の下なんだから、もっと全力でやれ」


と厳しい言葉を浴びせる。しかし、武内は落ち込むことなく、

「今まで、やめたいと思ったことはない。厳しく言われるときもあるけど、言われるようなことをしているのは自分。親方の言うことは絶対、親方に憧れてKOMAに入った」


とインタビューに答えた。

親方は、諦めずに提出した作品を見て、とりあえず作ってみろと指示を出し「お前みたいなのは、悔しいとかそんなレベルじゃないからな、勘違いするなよ」と笑顔を見せながら、手荒くフォローした。


関連記事:貴乃花親方、一門を離れ無所属に 「いい選択だと思う」と応援の声相次ぐ

 

■ネットでは羨ましいと声も

2人の師弟関係にネットでは「親方と弟子って憧れる」「師匠がいるのが羨ましい」など称賛の声が多い。

https://twitter.com/jewelry_ume/status/882275325404565504


■尊敬できる上司は少ない?

全体では32.2%が「尊敬できる上司がいる・いた」と回答。3人に1人が素敵な上司と共に働いた経験を持つ。

男女別で見ると男性は30.3%、女性は34.2%でわずかながら女性の方が、良い上司に恵まれたと感じていることが多い結果に。

性別・年代別で比較すると、40代女性が最も多い43.2%、次いで50代女性の38.0%が続く。全体的に見ても尊敬できる上司に出会った人は少ない結果だ。

こうした世の中で、厳しいとはいえ尊敬できる親方に出会えた武内は幸せなのかもしれない。

・合わせて読みたい→今年の「理想の上司」は内村光良と水卜麻美 尊敬できる上司いるメリット

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1400名(有効回答数)