『コード・ブルー』成田凌のモサ男感がスゴい イケメンオーラ皆無に

フジテレビ系月9ドラマ『コード・ブルー』に出演する成田凌。『逃げ恥』『大貧乏』『人は見た目が100パーセント』など、今までどれも「デキる男」の役柄が多かった印象だが…

コードブルーの成田凌
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香など豪華キャストの共演で7月17日から3rdシーズンが始まるドラマ『コード・ブルー ~ドクターヘリ救急救命~』(フジテレビ系)。

人気シリーズの久しぶりの新作とあって、放送開始前から期待値は高く、公式ツイッターアカウントはすでにフォロワーが11万人に。

そんな中、公開された予告編で、「ある男」がアツい注目を集めている。

 

■予告編公開も…「仕事できない感」がスゴい

6月27日に公式サイトおよびYouTubeにアップされた予告映像。

1stシーズンから出演するメンバーが「教える者」として、そして3rdシーズンから参加するメンバー(有岡大貴・成田凌・新木優子・馬場ふみか)が「学ぶ者」として紹介されている。

フジテレビ
(画像は公式サイトのスクリーンショット)

その中でもインパクト絶大なのが成田演じる灰谷俊平だ。公式サイトによると、フライトドクター候補生として、白石恵(新垣)らのもとで学ぶ若者らしい。

俳優業のかたわら、ファッション雑誌『MEN’S NON-NO』のモデルとしても活動する成田。普段の姿は文句なしのイケメンだが、『コード・ブルー』ではモサい髪型のメガネ候補生役のようだ。

次ページ
■成田凌の役作りにファンもびっくり

あなたにオススメ