Hey!Say!JUMP 最大のケンカは思春期の男子が経験する「あの痛み」だった

『TOKIOカケル』に出演した有岡大貴が語る過去のグループ存続の危機とは…

Tシャツ
(Manuel-F-O/iStock/Thinkstock)

今年でデビュー10週年を迎えた、ジャニーズの人気グループHey! Say! JUMP

5日に放送された、フジテレビ系バラエティ番組『TOKIOカケル』に、メンバーの有岡、藪、高木、岡本の4人が出演。その中で、「グループの存続を揺るがす最大のケンカ」があったことを発表して話題を呼んでいる。


 

■ちょっかいのつもりが…

有岡は、グループの存続に危機をもたらしたのは、「山田と中島のケンカだ」と話を切り出した。2人が揉めた理由とは…

「思春期になると乳首が痛くなる、メンバーは痛いのを知ってて、ちょっかいを出し合う。僕らがデビューした番組の本番前に山田と中島が、ちく痛を触り合ってケンカに。山田がブチ切れて椅子を勢い良く蹴った」


高木と藪は「俺らは、ちく痛が終わっていたから冷静に見ていた」と笑顔でコメントした。TOKIO・松岡と山口は2人に

松岡:お前らは、トニセン(年長者グループ)の匂いがする。


山口:高木が心なしか、坂本昌行(V6)に見える。


と、ジャニーズ年長者の匂いがすると話して、スタジオに笑いを巻き起こした。


関連記事:ミニストップの新常識!「ポテサラ入りちくわ天」がウマすぎる

 

■ネット反応は…

ネットでは、「喧嘩の理由がかわいい」「山田が椅子を蹴り飛ばしたとか想像できない」などの声がある中「みんなちょっかい出し合うでしょ」と思春期男子の気持ちを語る人も。

https://twitter.com/haruka_gunluv/status/882602973444030464


■7人に1人は「ちく痛」を経験

全国の20代~60代の男性681人に「思春期に、しこりなどで乳首が痛くなったことがある」と調査を実施。

全体の14.5%が「ちく痛」を経験している結果に。

メンバー同士、「ちく痛」を触り合っていたようだが、山田が椅子を蹴り飛ばすほど怒るような触り方が気になるところだ。

・合わせて読みたい→乳首にしこり?男子中学生の7人に1人が経験する『女性化乳房症』

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年2月19日~2016年2月22日 
対象:全国20代~60代の男性681名


あなたにオススメ