しらべぇ

佐藤二朗、お酒が原因で妻からクレーム 「離婚の念書」まで書かされた

『ダウンタウンなう』で俳優・佐藤二朗が自身のお酒にまつわるエピソードを話した

エンタメ

佐藤二朗

(画像は公式ツイッターのスクリーンショット)

多くのドラマに出演し、コミカルな演技で脇役ながら独特な存在感でドラマを盛り上げる、名脇役の俳優・佐藤次郎。

7日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の企画、本音でハシゴ酒に出演し、趣味のお酒で奥さんからクレームをもらったと明らかにした。

 

■飲みに行くのを断られないための嘘

佐藤は、お酒が好きで他に趣味がないとのこと。そんな佐藤が、奥さんからもらったクレームとは…

「嘘をつかれるのが一番腹が立つ。よく、飲み友達からの誘いを大先輩から誘われたから断れないと嘘をついてのみに行こうとする」

 

大先輩に誘われたと言えば「飲み会に行っていいよ」と奥さんから許可がでるので嘘をつくようだ。さらに、こんなエピソードも…

「元々、高円寺に住んでいて、ものすごい勢いで酒を飲んでいた、奥さんに、君はこの街にいてはダメになると言われ、次に高円寺に行ったら離婚すると書かれた念書を書かされて冷蔵庫に貼ってある」

 

佐藤は、交友関係も広く、ドラマ共演者とも、よく飲むそうだ。

番組で女優・夏菜も「話しやすいですし、お芝居もすごく面白い。話を聞いてみたいなって思う」と佐藤を称賛した。

 

■ネットの反応は…

ネットでは「佐藤二郎と飲みに行きたい」「『この街にいてはダメになる』は笑った」などの声が目立つ。

 

■年代が上がると晩酌も増える

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「飲酒」について調査したところ、全体の2割が「毎日晩酌する」と回答。

男女ともに年代が上がるにつれて、毎日晩酌する人が増えている。

 

渡部篤郎から「お前と飲んでるとサラリーマンと飲んでるみたいだ」と言われると佐藤は話した。その独特な雰囲気や、人柄から、飲み会の誘いが絶えず、毎日の飲み会に繋がっていたのかもしれない。

・合わせて読みたい→夏菜、泥酔して埼玉の山奥の駅で捜索願い騒ぎ 「バカにするな!」と埼玉県民が激怒

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日
対象:全国20代~60代の男女1351名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集