しらべぇ

ブラジル出身ラッパー・ACE ドラマ『わにとかげぎす』など縦横無尽な活躍に迫る

『フリースタイルダンジョン』などで活躍する人気ラッパーのACE。バラエティ番組やドラマなどへの露出が増えている。

エンタメ

「フリースタイル」と呼ばれる即興ラップが、若い世代に人気だ。繁華街の広場などに集まって行われる「サイファー」というラップイベントも、しばしばメディアに取り上げられる。

そんな中、テレビ朝日系音楽バラエティ『フリースタイルダンジョン』で「隠れモンスター」として挑戦者たちをなぎ倒してきたブラジル出身のラッパー・ACE(27)が、その活動の幅を拡げている。

しらべぇ取材班は、ACE本人に直撃した。

 

■ブラジル生まれ、北新宿育ち

ACE

 

ACE:生まれたのは、ブラジルのベロオリゾンテという街です。3歳の頃、父親の仕事の都合で、母親と一緒に日本に来ました。

 

家は北新宿、遊び場所は大久保とか百人町とか、結構ディープなエリアでしたね。いろんなことが一日で起こってしまう街。

 

5、6年前に杉並のほうに引っ越したんですけど、たまに新宿のほうに行くと、「昔は、もっと危機感もってこのへん歩いてたわ…杉並で平和ボケしてるのか?」と感じることもあります。新宿には、離れてわかる独特のヒリヒリ感があるかな。

 

人間的には、確実にこの街の影響を受けてると思うので、結果的には作品にも「新宿で得たもの」が反映されているのかも。

 

ブラジルには、小学校高学年の時から帰ってないですね。新宿よりさらに怖いんで、あんまり帰りたくない(笑)

 

 

■トークバラエティがラップのヒントに

ACE

 

ACE:来たばっかりの時は、日本語が全然わからなくて。3歳だったけど、それはしっかり覚えてますね。今は、夢もほぼほぼ日本語で見るんですけど、家族とは普段ポルトガル語でしゃべるから、そっちも忘れてない。

 

言葉が2つあるのって、じつはラップではちょっと困りもので、ちゃんと韻を踏んだつもりなのに観客がきょとんとしてると、「あ! さっきの言葉はポルトガル語だったわ!」って気づいたりとか。

 

そんなACEが日本語のボキャブラリーを学んだのは、漫画やアニメ。最近ではさらにトークバラエティ番組を見ることがラップに活かされているという。

ACE:ダウンタウンさんや明石家さんまさんのトークをチェックしてます。たとえば、番組で「視聴者からの葉書」を元に、即興でボケて即興で突っ込む、一流芸人のMCはどう展開させて落としどころをつくるのか、など。

 

ラップは、それを「音楽の上でやる」というルールの違いはありますが、脳みそが行う処理作業としては、とても参考になるんです。

 

ラップって「連想ゲーム」に似ていて、連想するものの幅をどれだけ持っているかが勝負なんですね。その幅の中で、どの言葉をチョイスしてどこをゴールにするか。「選択のセンス」が問われます。

 

ラッパーの中でも、言葉のセンスで勝負する人、人間力で魅せる人、気持ちで行くバイブス型など、さまざまなタイプがいますが、どの技も単にラップだけ勉強していても磨かれないと思います。ストーリーが始まり、中身と落ちがあって、落ちにはさらに裏があった…みたいなワクワクさせる構成は、お笑いがすごくヒントになりますね。

 

■ひな壇芸人の技術に脱帽

ACE

最近では、トークバラエティへも進出しているACE。それだけ番組を見ているなら、さぞやお手の物かと思いきや…

ACE:実際にひな壇に座ってみたら、ひな壇芸人の方のすさまじい連携プレーやMCとの間に驚かされました。僕はMC気質だから、ついついそういう喋り方をしてしまうんだけど、ひな壇の中での芸人さんたちの連鎖反応は、すごい技術です。

 

見るのと出るのでは大違いでしたけど、ラッパーとして得るものは大きいので、これからも出てみたいですね。

 

■ドラマ『わにとかげぎす』にも出演

ACE

19日から放送されるTBSドラマ『わにとかげぎす』にも、ヤミ金業者役で出演するACE。新宿育ちの彼にぴったり(?)の役回りとも思えるが…

ACE:同じ作者さん(古谷実)の『行け! 稲中卓球部』とかは全部読んでたんですけど、『わにとかげぎす』だけ読んでいなくて。

 

出演のオファーをいただいて読んでみたら、主役の富岡は「有田さんしかいないわ!」と思いました。キャスティング担当の方、すごいわ、と。有田さんが主演と聞くと「どコメディ」なのかと思うかもしれませんが、バラエティ的な笑いとリアルに怖い部分が描かれています。

 

僕が演じるヤミ金屋の堀田は、ふだんの僕と変わらない印象かな。元々のセリフは少なかったけど、アドリブ含めて自由にやらせてもらって。放送を見てカットされてたら、「ドラマってそういうことか…」と思います(笑)

 

僕は、小学校の学芸会とかでも「魔王」とか悪役をやることが多かったんで、またドラマに出られるとしたら「童貞の学生」とか、素朴で純粋無垢な役を演じてみたいですね。

 

フリースタイルラップは、「会話と一緒だからゼロ秒で考えられる」と語るACE。そこで、しらべぇ取材班は、ドラマの役柄にちなんで「『わにとかげぎす』・ヤミ金・新宿」というお題で即興ラップをつくってもらった。

今後の活躍が、楽しみだ。

・合わせて読みたい→『フリスタ』で呂布カルマ無双!  圧倒的強さにファンも絶賛

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/ACE

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集