しらべぇ

「この人の子供になりたい!」アニメの父親キャラは? 1位はやっぱりあの人

全国の20代から60代の1,357名に「子供になりたいアニメ父親キャラ」を聞いてみたところ…

人間関係

(sanmai/iStock/Thinkstock)

「日本の父親を感じさせるアニメキャラランキング」で見事に1位に輝いたのは、『サザエさん』の磯野波平。

納得の声が多数だった一方で、「子供にはなりたくない」との声も。よくも悪くも頑固者で、昭和的な思想を持つ波平だけに、拒否反応を示す人も少なくないらしい。

そこで気になるのは、「誰の子供になりたいのか」。しらべぇ編集部は全国の20代〜60代の1,357名に調査を実施。

結果をランキング形式で紹介しよう。

 

■第5位:目玉おやじ(8.2%)  『ゲゲゲの鬼太郎』

5位に入ったのは、『ゲゲゲの鬼太郎』の目玉おやじ。

全世界の妖怪に詳しく、息子である鬼太郎の疑問に逐次答えるなどしてサポートしてくれるだけに、「頼りになる」と感じているのだろう。

息子のピンチには身体を張って戦う「勇敢さ」も、支持が多い要因の1つなのか。

 

■第4位:工藤優作(8.8%) 『名探偵コナン』

4位は『名探偵コナン』の主人公・工藤新一(江戸川コナン)の父親である工藤優作。

優秀な小説家という社会的名声と、息子をも上回るといわれる推理力は、尊敬できるお父さん像といえるだろう。

息子の活動には理解を示し、温かく見守っており、口は出さないものの信頼で結ばれている。そんな父親像に、憧れる人が多いのかも。

 

■第3位:バカボンのパパ(10.4%) 『天才バカボン』

続いて3位は、『天才バカボン』のバカボンのパパ。

破天荒で世間とはかけ離れた常識や倫理観を持っているのだが、なぜか票が多く集まった。

じつは家族想いでママを一途に愛し続けていることなどが、上位にランクインした理由かもしれない。

 

■第2位:磯野波平(23.0%) 『サザエさん』

2位に入ったのは、「日本の父親を感じさせるアニメキャラランキング」でトップだった磯野波平。

娘のサザエや息子のカツオを怒鳴ることも多く、昭和の頑固おやじを体現するキャラだけに、ランク外の可能性もあったが、やはり上位に。

ちなみに、「波平の子供になりたい」と答えた人を世代別に見ると、50・60代の支持が多い。やはり昭和を生き抜いて来た世代ほど、「うるさいオヤジ」を求めているのだろう。

 

■第1位:野原ひろし(29.2%) 『クレヨンしんちゃん』

堂々の第1位は、『クレヨンしんちゃん』の野原ひろしだ。

妻である野原みさえに尻にしかれ、床に落としたおかずを食べさせられそうになるなど「威厳」のない父親だが、「子は褒めて伸ばす」という教育方針を持っているようで、それに共感している人が多いのかも。

2位の磯野波平とは対象的に、野原ひろしを支持する世代は20・30代が圧倒的。若い世代は「怒る」よりも「褒める」父親を欲しているようだ。

ちなみに、「日本の父親ランキング」で2位に入った『巨人の星』・星一徹はランク外。やはり「厳しい頑固おやじ」は、敬遠されつつある。

時代の移り変わりとともに、理想の父親像も変化しているということかもしれない。

・合わせて読みたい→お父さんに点数をつけるなら?「良くも悪くもない」の声多く

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代男女500名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集