しらべぇ

月9『コード・ブルー』 「大爆死」もあり得る唯一の懸念点

脚本家の変更が大人気医療シリーズに及ぼす影響とは?

エンタメ

コードブルー

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

本日21時放送開始の月9ドラマ『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(フジテレビ系)。傑作医療ドラマの7年ぶりのシリーズ放送とあって、すでに多くの人が注目していることだろう。

しらべぇでも放送に先立って「『コード・ブルー』が大傑作間違いない理由3つ」という記事を配信。作品の見どころを紹介したが、この記事ではその逆の「大爆死があり得る、唯一の懸念点」について触れたい。

すでに、多くのファンが心配しているあの変更点だ。

 

■その理由は脚本家の変更

それはストーリーを紡ぐ・脚本家の変更である。シーズン1・2は林宏司氏が担当。『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズや『BOSS』(ともにフジテレビ系)や、『ハゲタカ』(NHK)など、専門性の高いドラマを数多く手がけてきた実力派だ。

それに対し、今シリーズで脚本を担当するのは安達奈緒子氏。『大切なことはすべて君が教えてくれた』『リッチマン、プアウーマン』『失恋ショコラティエ』(すべてフジテレビ系)など、若者向けのラブコメが多い作家である。

『大貧乏』(フジテレビ系)や『その男、意識高い系。』(NHK)など、お仕事ドラマも多く手がけているものの、タッチはライトであり、重厚な人間ドラマとはまた違う印象だ。

 

■不安続出のファンたち

この変更に、ファンの間では「世界観が変わるのではないか」「無駄に恋愛要素入れてくるのではないか」など、不安が続出することに。

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集