しらべぇ

「両親はホテル」で10時間放置された乳児死亡 親の奇行に弁護士も厳しい指摘

夜、寝かしつけた生後3ヶ月の乳児を置き去りに、ホテルへ出かけていった両親。その奇行に避難が殺到している

社会

赤ちゃん

(Jupiterimages/iStock/Thinkstock)

親の身勝手な行動によって、幼い命が失われるという痛ましい事件が報じられた。

まだ母乳やミルクしか口にできない乳児が、10時間以上も自宅に放置され、命を落としてしまった。我が子を置いて両親はどこへ行っていたのか。

親がとった驚くべき行動に、ネットでは怒りの声が相次いでいる。

 

■乳児を置き去りにしてホテルへ…

生後3ヶ月の長男を自宅に放置したとして、18日に36歳の父親と19歳の母親が「保護責任者遺棄」の疑いで逮捕された。

報道によると、今月16日午後11時頃、妻は長男にミルクを与え、ベビーベッドに寝かしつけると鍵をかけて自宅を出た。当時別居中だった夫と待ち合わせて大阪市内のホテルへ出かけていったという。

妻が帰宅したのは、それから約10時間後の翌17日の午前9時頃。ベッドでうつ伏せになっていた長男が呼吸をしていないことに気づき、連絡を受けた夫が同日午前9時20分すぎに119番通報するも、搬送先の病院で死亡が確認された。

夫妻は容疑を認めており、夫は「今までにも何回か息子を置いて買い物などに出かけており、大丈夫だった」と供述しているという。

 

■「親の奇行」に怒りの声

生後3ヶ月といえば、場合によっては夜中の授乳も必要である他、寝返りを始める子も多く「うつぶせ寝」にとくに注意が必要な時期ではないだろうか。

そんな幼い我が子を置き去りにして、夫婦揃ってわざわざ「ホテル」へ出掛ける必要があったのか。ネットでは怒りの声が相次いでいる。

・この暑い最中、乳児を10時間も放置して夫婦揃って留守にするとかありえない! しかも男はいい年した36歳の中年で、女はまだ未成年? どんな取り合わせ? 頭おかしすぎる!

 

・父親は36才って・・・。ほんで、産後3ヶ月でホテルって・・・。若いからかわからんけど、うちにも2ヵ月すぎた子がいるけど、全くそんな気になれないし、置いて出ていくなんて考えられない。いろいろと感覚が違いすぎる。

 

・3ヶ月の子を1日放置して「大丈夫だと思った」って、ふざけてるのか? 大丈夫だと思う、その感覚が狂ってるよ。

 

・赤ちゃん寂しかっただろうな。沢山泣いただろうね。パパとママを沢山1人で呼んで助けてって泣いたよね。

 

・この36歳、当時18歳の未成年を妊娠させて子供産ませて、19歳になった妻とホテルに行くためにその生まれた子供を置き去りにして死なせたんだよね。19歳の母親を責める人がいるのも理解できるけど、そんなことよりこの36歳男がとんでもないやつのように見えてしまうのだが。

 

自宅があるにも関わらず、なぜホテルへ行く必要があったのかという疑問の声もあがっている他、36歳父親に対する非難が集中している。

 

■保護責任者遺棄とは?

今回の事件は「言い訳の余地がない」と考える人も多いだろうが、子育てをしていると常に子供を見ていられないときもある。「保護責任者遺棄」はどうした場合に成立するのだろうか。

しらべぇ取材班が、子供の問題にくわしいレイ法律事務所の高橋知典弁護士に聞いたところ…

高橋弁護士:保護責任者遺棄は、要保護者を保護義務者が、遺棄した場合に成立する犯罪です。要保護者は、簡単にいえば、保護がなければ無事でいることができない人のことをいいます。

 

こうした要保護者に対し、「生きるのに必要な手当てをしないでいること」により、保護責任者遺棄罪が成立します。

 

もっとも、小さなお子さんを抱える一般の親御さんに言えることは、子供をずっと見ていなければ犯罪になるということではありません。

 

基準になるのは、あくまでもその子供を「その環境においていて、見ていないでいる間に、命の危険はないのか」ということです。

 

ですので例えば、お爺ちゃんお婆ちゃんや、ベビーシッターに子供を任せて外に出たということでしたら、時間が長くなろうと問題にはなりません。

 

一方で、時間が短くとも、高熱の出る車内に子供を置いてパチンコ等に行っていたというのであれば、保護責任者遺棄という可能性があります。

 

■乳児には「うつぶせ寝」や窒息の危険も

高橋弁護士:今回事件となっているような生後3ヶ月の乳幼児は、寝返りでうつぶせになる、吐いたものが喉に詰まるといったことでも窒息等の危険にさらされることがあり、些細なことでも命にかかわる危険があることがあります。

 

さらには、授乳に関しても一般に「4時間に一度程度」といわれており、まだまだ一人で留守番させるのは到底無理な時期と言えます。

 

今回の被疑者である両親は、「約10時間も子供を家に放置した」とのことですから、「要保護者である乳幼児が生きるのに必要な措置を取っていない」と言われても、仕方のない状況でしょう。

 

・合わせて読みたい⇒自宅で出産「赤子の遺体抱えた16歳女子高生」が出頭 「親と男」に怒りの声

(取材・文/しらべぇ編集部・もやこ 取材協力/レイ法律事務所高橋知典弁護士

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集