『セブンルール』出演で話題 音楽プロデューサー・福嶋麻衣子「仕事の決断は3秒で」

『セブンルール』に出演した福嶋麻衣子のルールが話題

エンタメ

2017/07/19 15:00

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

「もふくちゃん」の名前で活動し、人気アイドルグループ・でんぱ組.incをプロデュースした、音楽プロデューサー・福嶋麻衣子がフジテレビ系『セブンルール』に出演し話題だ。


 

■仕事の決断は3秒で

福嶋は、戦略会議やCM撮影の衣裳など、仕事に関する物事を驚くべきスピードで判断する。その理由は…

「悩んでいても、意味がないことが結構多いから3秒で決定する。仕事をボール例えると、判断しないといけないことが溜まっていても、早い段階で決めて、ボールがない状態にしておく。


そうすると、暇そうだから新しい仕事やったほうがいいかなとか、飲み会に誘おうかなとか、他にも色々なチャンスが来やすくなる。だからなるべくボールを持たずに身軽でいる。仕事が嫌いなだけかもしれないけど」


他にも、週3回の朝サウナで瞑想し、頭の中を空っぽにしたり、ストレスが溜まる前にドライブへ行くことで、ストレスが溜まる前に発散。

そうすることで、常に身軽で、考え事の深みにハマらないようにしているのかもしれない。


関連記事:器用過ぎて単なる便利屋さん扱い…器用貧乏で疲弊する人たち

 

■ネットの反応は…

ネットでは「見習いたい」「3秒で決断、難しいけどやってみようかな」「やっぱりすごいな」と称賛する声が目立った。


■女性は器用?

しらべぇ編集部は、全国20~60代男女1,332名を対象に「器用だねと言われたことがある」か調査を実施。

全体では47.4%が「器用だねと言われたことがある」と回答。男女別で見ると男性は41.1%なのに対し、女性は53.6%と、女性の方が12.5ポイントも高い結果となった。

どの年代も男性を女性が上回り、40代の48.1%以外は各年代の半数以上の女性が「器用だね」と評されている。


福嶋は、「嫌なことがあっても、くよくよせずに切り替える。悩んでも一晩」と語る。

壁にぶつかった時「違うやり方をしてみよう」「これは、楽しかったからこの仕事ならいいだろう」と持ち前の器用さで乗り切ったからこそ、成功があったのかもしれない。

・合わせて読みたい→女子は器用が多数派!不器用なドジっ子は希少価値があった

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年3月24日~2017年3月26日
対象:全国20代~60代の男女1,332名(有効回答数)