松居一代、船越の『ごごナマ』ギャラ暴露 「リベンジ暴露」は訴えられないのか弁護士に聞いた

夫・船越英一郎の『ごごナマ』出演料40万円を暴露した松居一代。NHKに訴えられた場合どうなるのだろうか

 

■松居の暴露は責められるべき?

『ごごナマ』ギャラ暴露について、あくまでも松居の発言のため、正確なのかは定かではない。

しかし事実がどうあれ、いちタレントの金銭事情を、「正義」の名目のもとに公開する松居の姿勢には疑問が残る。また、自身のファンにもそれを訴えかけ、苦情を入れるよう誘導するのはいかがなものか。


関連記事:松居一代「大宮エリー」名乗る女性の手紙を公開 「人として最低」と非難の声も

 

■弁護士の見解は…

しらべぇ取材班は、芸能界の問題にくわしいレイ法律事務所・松田有加弁護士に話を聞いた。

松田弁護士:別れた恋人や、元夫、元妻の情報を暴露することを「リベンジ暴露」と呼んでいるのですが、これが最近非常に増えており、問題視しているところです。


「リベンジ暴露」は、名誉棄損や、プライバシー権侵害等にあたる可能性があり、場合によっては犯罪となります。


今回松居さんが行った行為についても、「リベンジ暴露」の一種ととらえることができます。もっとも、松居さんが公開した情報は、「一回の出演料40万円」という情報ですので、これによって船越さんに対する社会的評価(世間からの評価)が低下するとは言い切れません。そのため、名誉毀損が成立する可能性は低いと考えられます。


また、出演料がいくらかということは、一般的に秘密にしておきたい事項ですから、プライバシー侵害になる可能性はありますが、今回の場合、損害賠償まで請求できる可能性は低いと考えられます。


なお、現状、実際に処罰される可能性は低いですが、NHKに対して電話をするようにブログの読者に求めている点については、業務妨害罪が成立する可能性があります。


・合わせて読みたい→松居一代の「船越バイアグラ不倫」暴露は合法? 離婚にくわしい弁護士の答えは

(取材・文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん 取材協力/レイ法律事務所松田有加弁護士


あなたにオススメ