「ヒアリを食べる民族」がいる? 普通のアリも食べられるか味見してみた

ヒアリを食べる民族がいるらしいので、日本に来たヒアリも食べられるか探しに行った結果…

グルメ

2017/07/22 07:30

東京・大井ふ頭や神奈川県横浜市で発見され、問題になっている『ヒアリ』。

激しい痛みを与える毒を持っているため非常に危険視されているが、タイのジャングルに住んでいる民族はヒアリ(Fire ant)を食べているようだ。


 

■タイではヒアリを食べる民族がいる

動画を観ると素手でモリモリと食べていたり、ヒアリ炒めを作って料理にしたりと害虫としてではなく、食材として有効活用しているのがわかる。

日本でも在来種を駆逐することで問題になった外来魚『ブラックバス』や『ブルーギル』を料理に使う運動もされていたので、ヒアリも食べることができないだろうか?


関連記事:ヒアリかどうかを速攻で判断 「ヒアリ警察」がスゴいと話題に

 

■ヒアリは食べて駆逐できる?

ヒアリが激ウマだったら、新しい虫グルメが誕生するかもしれない! ということで、東京でヒアリが目撃された大井ふ頭の近くの公園でヒアリを探すことに。

「俺がヒアリを捕まえて食べ、日本のアリを守ります!」とやる気まんまんのふふふふ記者。彼は見事ヒアリを捕まえることができるのだろうか?

公園にはヒアリを目撃したら公園の管理事務所へ通報するようにとの注意書きもあり、近隣のドラッグストアではヒアリ対策グッズも販売中。

しらべぇ取材班が店員さんに聞いたところ「かなり売れている」とのことで、ヒアリに対する警戒を近隣住民はしているようだ。

次ページ
■どこを見てもヒアリはいない

あなたにオススメ