今さらバニラエアの議論? 『ワイドナショーやっと放送できるSP』に「鮮度薄い」の声

『ワイドナショー』が過去の未公開シーンを集めた「やっと放送できるSP」を放送しましたが、その評価は…

エンタメ

2017/07/23 16:30

ワイドナショー
(画像は公式サイトのスクリーンショット)

23日の『ワイドナショー』は、過去の未公開シーンを集めた「やっと放送できるSP」を放送。その内容が「新鮮味がない」「今さら感がある」など物議を醸している。


 

■「バニラエア」の問題を取り上げるも…

番組はなんの前置きもなく、冒頭から6月末に発生した航空会社「バニラエア」の障害者対応問題についてコメンテーターが議論する模様が流れる。

話の内容から察するに、これは、問題発生当時収録されたものらしい。

古市憲寿やヒロミ、そして松本人志がバニラエアの対応について議論を展開したのだが、のちに発覚した事実を考慮していないコメントのようにも思えただけに、ネット民から異論が。

現時点で発生時の情報だけを元に議論する様子を放送したことについて、違和感を覚えた人が多かったようだ。


関連記事:逮捕された高樹沙耶のTwitterが「大麻のことしか書いてない」と話題に

 

■そのほかの話題も「今さら感」

番組はバニラエアの話題終了後、ようやく、『過去の総集編』であることをアナウンス。

その後五輪マスコットの最終審査を小学生が担当する問題や、「いいね」量産工場摘発、ハンドスピナー流行などの話題が取り上げられたが、どの話題も今となっては古く、視聴者の今さら感は拭い去れなかった模様。


■総集編になった理由が話題に

さらにネット上では今回なぜこのような「総集編」となったのかが話題に。「出演者が夏休みを取ったため」という説が有力だが、一部には何か不測の事態が発生したのではないかとの声も。

松本は宮崎駿氏の「引退発言集フリップ」がじつはネットで創作されたものであることが発覚した際、「同じことがあったら番組をやめる」と発言しているだけに、何かあったのではと勘ぐる人も存在しているようだ。

総集編になった理由は不明だが、毎回新鮮なニュースを松本人志ら芸能人が切っていくというのが『ワイドナショー』のウリであると思われる。

それだけに今回の総集編は、視聴者にとって魅力のない内容と感じたようだ。

・合わせて読みたい→松本人志『日刊大衆』に謝罪要求 今後を不安視するネット民も

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治