上西議員は後先考えずに行動? 爆笑・太田の「カミツキガメ」発言にスタジオ爆笑

『サンデー・ジャポン』でツイッター炎上騒動の上西議員を取り上げた 太田の切れ味が抜群

(画像は公式Instagramのスクリーンショット)

浦和レッズ批判でツイッターが大炎上した上西小百合議員。23日に放送された、TBS系『サンデー・ジャポン』でも否定的な意見が飛び交った。


 

■カミツキガメみたい?

番組に出演した、お笑いタレント・友近は「よく言えますよね」と前置きして語った。

「それを言うとどうなるか想定できているのか、できていないのか、わからない。だけど結局、謝ることになる。だったら言うなよ。炎上商法なら、警察に届け出できないと思う。本当にその時思ったことを言ってしまう、考えが遅いタイプの人なのかな」


これを聞いた太田は「カミツキガメみたいな?」と切れ味抜群の返答し、スタジオに笑いの渦を巻き起こした。

デーブ・スペクターも言及し…

「次の選挙で落選して、コメンテーターとかやるのであれば、もう少し真面目なコメントとかしたほうがいいと思う。インスタとか見るとタレントと変わらない。先々のことを考えてるのか?って思ってしまう」


上西は、後先考えずに発言するタイプだと思われているようだ。


関連記事:「レッズ批判」で炎上の上西小百合議員 殺害予告も秘書「謝罪しない」

 

■ネットの反応は…

取り上げると付け上がるから取り上げるな」「何も考えていない」「人としての常識が欠けている」など当然かもしれないが、上西を否定する声が多くなっている。

https://twitter.com/Hideppi1964/status/888933427927408641


■デリカシーのない女性は嫌われる

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女602名に「嫌いな女性のタイプ」について調査を実施、もっとも割合の高かったのは男女ともに「デリカシーのない人」と回答。

約5割がデリカシーのない人が嫌いと考えているようだ。

調査結果から見ても、デーブが言うようにコメンテーターになりたいのなら、売名目的でデリカシーのない発言をする炎上商法は、得策ではなさそう。

この先、同じような発言を繰り返すのであれば、最終的にはメディアにも相手にされなくなり、今回のように警察に助けを求めることもできなくなるかもしれない。

・合わせて読みたい→「レッズ批判」で炎上の上西小百合議員 殺害予告も秘書「謝罪しない」

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2015年3月14日~2015年3月16日
対象:全国20代〜60代男女602名


あなたにオススメ