土田晃之がマンガ原作の映画化に本音 「別モノなら最初からイジってくんなよ」と怒りも

土田晃之が『ワンピース』のハリウッド実写化に苦言。マンガ原作の映画化にファンとしての本音も…

人気マンガ『ONE PIECE』がハリウッドで実写化されるという報道がファンを震撼させた。

これについて、23日放送の『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送系)でマンガ好きのお笑い芸人・土田晃之(44)の発言が共感を呼んでいる。



 

■ハリウッドの実写化にロクな思い出がない?

土田は「日本のアニメをアメリカの人に触らせて良いことが今まで一度もなかったと思うんです」とバッサリ。『北斗の拳』『機動戦士ガンダム』を例にあげ、散々な出来だったと過去を振り返った。

また『ワンピース』の実写化について「怖いわー。あんまり外国の人にイジってほしくないわー」と不安を漏らし、「怖いことが多い世の中…SOS from JAPAN」と松居一代(60)の発言をギャグにして笑いを誘った。


関連記事:土田晃之、“夜の街”連呼する小池都知事に疑問 「昼の街は相当安全なのか」

 

■「別モノならイジるな」との意見も

もともとアニメの実写化について否定的のよう。昨年公開の『進撃の巨人』『テラフォーマーズ』を例に挙げ、「なかなかの感じでしたよね」と皮肉発言も。

そして、展開やキャラが原作と別モノになるといった実写化あるあるについて、「別モノなら最初からそこイジってくんなよ!」と、ファンの気持ちを代弁。

また、土田は実写化にあたって、「よっぽど原作が好きで、どうしても実写化したい!」という意欲やエネルギーがあるならばしかたないとの意見も。しかし、尺の関係からオリジナルストーリーになってしまうことがつまらなさにつながるとも指摘した。


■3割がマンガの実写化に否定的

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,363名に「マンガ原作の映画」について調査したところ、3割以上が「興味がなくなる」と回答。

なお、「オタク」と回答した人の4割が実写化に否定的のよう。やはり、自分が好きなものを弄ばれたという感覚になるのかも。


土田も心配するマンガ原作の実写化。はたして、今年はファンも絶賛するような実写作品は出るのだろうか。

・合わせて読みたい→土田晃之が激白 お笑い芸人が「違法ドラッグ」に手を染めない理由

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20~60代の男女1363名(有効回答数)