『ごめん、愛してる』長瀬智也がアレを抱く姿にファン悶絶

ドラマ『ごめん、愛してる』で長瀬智也がアレを抱く姿に思わずキュンとしてしまう女性ファンが続出。中には「飼育されたい」という声も…。

ごめん愛してる

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ケ原です。

TBS日曜9時ドラマ『ごめん、愛してる』第四話で主演の長瀬智也くんが「あるもの」を抱きかかえたシーンにファンが沸いています。


 

■余命3か月と宣告 公園で起こした行動

韓国マフィアとの闘争で頭を撃たれ、脳内に弾丸が埋まっている岡崎律こと長瀬くん。医師から余命3か月と言い渡されて、ショックのあまり公園のベンチに座り込みます。

そして、近くを歩いていた猫を拾い上げ、「自分より猫のほうが長生きするだろう」と語りかけます。

猫の両腕を持つ長瀬くんの姿に、ファンは大いに盛り上がりました。


 

■長瀬くん本人も猫を飼っている

ドラマの中では無骨に猫をかかえた長瀬くんでしたが、じつはプライベートでも猫を飼っていることはファンの間では有名な話。

飼い猫の種類はノルウェージャンフォレストキャットといい、大きく育つ場合もあるそうで「ミツコ・デラックス」と命名。ふだんは「みーちゃん」と呼んでいるとか。

それを知っているファンの中には「みーちゃんになりたい」「飼われたい」とつぶやく人まで……。


■独身生活はみーちゃんとともに?

テレビ番組や雑誌で長瀬くんはたびたび「みーちゃん」の話をしており、その溺愛ぶりが伝わってきます。

たとえば、ドラマ撮影の空き時間にスマホを持っているときは「みーちゃんの写真を見ているので話しかけないでくれ」と共演者に頼んだり、自宅ではみーちゃんを驚かせるために全裸で逆立ちしたりと、みーちゃんのためにかなりの時間を費やしているとか。

「もしかして長瀬くんは、家でこんな風に猫を抱いてあげてるのかもしれない」と思うだけで妄想がふくらむジャニヲタ。そんなファンのために、今後も猫と絡むシーンをたくさんドラマに入れてほしいですね。

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也のキスシーンがエロかった理由は…

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ

あなたにオススメ