『僕やり』マルがキャバ嬢の胸をツンツン… 過激演出に反響殺到

窪田正孝主演ドラマ『僕たちがやりました』で下ネタが相次ぐ…しかし、男性視聴者には好評?

オトナ

2017/08/02 18:00

(C)関西テレビ

窪田正孝主演ドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ・関西テレビ系)の第三話が1日に放送された。

過激なストーリー・演出が物議を醸している本作だが、第三話はこれまで以上に目が離せない展開となった。

 

■え、地上波だよね? キャバ嬢を胸をツンツン

空港でパイセン(今野浩喜)が逮捕されたことを受け、海外逃亡の計画が立ち消えになったトビオ(窪田)。その後、マル(葉山奨之)と合流し、「どうせ捕まるのなら」と、死ぬまでにやりたいことをパイセンにもらった金でやろうと提案。

そして、ふたりが向かったのは夜の繁華街の「キャバクラ」。しかし、出身高校を聞かれたトビオが「凡下高」と嬢に伝えると、爆破事件の話題に。結果、ムラムラも消えて帰ることになる。

だが、マルは違った。「おっぱいおっきいね?」「何カップ?」をキャバ嬢の胸をツンツンし、谷間に顔を埋めようとしたのだ。

これにはボーイの男(とろサーモン・久保田)も激怒。「うちの商品なんですよ」「キャバクラだよ、ここは」と、ふたりをつまみだしたのだった。


関連記事:『僕やり』川栄李奈が濃厚キス 相手役・窪田正孝になりたい男性続出

 

■下ネタ連発も視聴者には好評?

川栄李奈
(C)関西テレビ

その他にも、今宵(川栄李奈)と伊佐美(間宮祥太朗)のベッドシーンなども登場した今回の放送。ツイッター上では「エロい」「エロすぎ」「過激」「これ、ほんとに地上波か?」などの声が相次いでいる。

しかし、その攻めた姿勢は意外と(?)好評なよう。

https://twitter.com/arch_5/status/892377144914984960

次ページ
■今宵ちゃんの谷間も話題に

あなたにオススメ