マツコ、有吉がビジネス本やセミナーに激怒 「人を騙しやがって」と本音も

『マツコ&有吉 かりそめ天国』でマツコ・デラックスと有吉弘行がビジネス本や経営セミナーなどに怒りの声

エンタメ

2017/08/03 12:00

仕事術のみならず、社会人としてのたしなみも学ぶことができるビジネス本。しかし、鵜呑みにすると良くないことも…。

2日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)でタレントのマツコ・デラックス(44)と有吉弘行(43)の発言が話題に。


 

■ビジネス本は必要?

番組では「雑談力は必要か?」という40代会社員の悩みを紹介。昨今の雑談力ブームに乗って、ビジネス本を買ってみたものの雑談は苦手なままで、むしろ雑談をする社員たちに困っているという。

これについて有吉は、「雑談力が必要かは置いておいてさ、ああいう雑談力みたいな本を書いてる人の雑談はめちゃめちゃつまらない」とバッサリ。

続けて、40代という相談者の年齢を引き合いに出し「もう遅いよ。そこあきらめて雑談力以外の得意な部分を伸ばしたほうがいい」とアドバイスした。

マツコは雑談力をはじめとしたビジネス本を買う人について、「ああいうの気になる人って、気にしてる時点でもう雑談力ないよ」と一蹴。

「なんでどこの誰だか分からない人が書いてるもので、その人のことを信用できるんだろう?」と本の内容を鵜呑みしている人が疑問のようだ。


 

■「ビジネス関連のモノ」は人を騙している?

またマツコは、雑談力のみならず「セミナーに行って経営がうまくなった人いないよ」と、ビジネス関連のセミナーに参加する人にも疑問を呈した。

この意見を受け、有吉もそういったセミナーで教えている人について「しょぼくれたコミュニティーセンターの小汚いところで人を騙しやがって」と怒りを燃やし、笑いを誘った。

次ページ
■ネット民もビジネス本に懐疑的

あなたにオススメ