デビュー前に1万フォロワー 「本業ツイッタラー」のセクシー女優・結まきなが凄すぎる

まだデビュー前ながらツイートが1万RTを超え、リアルタイム検索ランキングに登場したことも。

 

■昔から2ちゃんねるやニコ動ファン

結まきな

最近は、「ネットを見るのはもっぱらスマホ」という人も少なくないが、まきなちゃんは昔からデスクトップPCを持ち、2ちゃんねるやそのまとめサイト、ニコニコ動画などが好きだったという。

結:外で遊ぶよりは「家でパソコン派」だったので、青春時代を無駄遣いしてきたほうだと思うんです。学園祭とかも欠席するタイプで。だから、AVでは「運動部のマネージャー役」とか、青春ぽい、学園ぽいことをしてみたい。


と語る。


 

■セクシー女優が好きだった

結まきな

そんなまきなちゃんがAVの世界に飛び込んだきっかけを聞いてみると…

結:元々やってみたかった、という気持ちが一番ですね。かわいい子が好きで、セクシー女優さんも好きだったんです。アイドルさんたちよりもかわいいなって。まわりの友達でもセクシー女優さんのイベントに行ってる子が結構いて、憧れの存在だったんですよね。


それで、知り合いにプロダクションを紹介してもらって。何回か面接した後に、今度はマネージャーと一緒にメーカーさんを回ったら、プレステージさんで話が弾んじゃったんです。でも、「どうせ受からないでしょ…」って思ったら次の日に「専属が決まったよ!」って連絡が入ったから、最初は嘘だと思ったんです。


メーカー専属の座を勝ち取れるのは、ごくひと握りの女優のみ。あまりにトントン拍子すぎて信じられなかったのだという。


■初めての撮影は…

結まきな

セクシー女優になる夢を叶え、面接もスムーズに乗り切ったまきなちゃんだが、初めての撮影にはやはり緊張もあったようだ。

結:パッケージ撮影のときは緊張しなかったんですけど、監督がドキュメンタリー風に撮る方で、演技の説明とかはあまりなかったんです。もうちょっと教えてもらえるものだと思っていて…。カメラが回ってから、初めて緊張しました。


だから、ドキドキしてる表情とかはかなりリアルで、デビュー作らしく仕上がってるんじゃないかと思います。


私、自分の作品はあんまり見たくないんです。自分の声を録音して聞くと変な感じじゃないですか、それと同じで。他の女優さんのビデオは結構見るんですけど。でも、「勉強するため」っていうよりは、単純にかわいいから見てるって感じですね。


自ら「エゴサーの姫」と名乗り、つねにツイッターをエゴサーチしながらユーザーにリプライを返すまきなちゃん。

1ヶ月弱で1万を超えたツイッターフォロワーも、どこまで増えるのか。今後も目が離せない。

・合わせて読みたい→セクシー女優・凰かなめ先生の恋愛相談室 「好きな女性に『弟扱い』されて…」

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/結まきな

あなたにオススメ