ダウンタウン、坂上忍に即興ソング贈った矢井田瞳 「クソ呼ばわり」も賞賛の声

『ダウンタウンなう』に出演したシンガーソングライター・矢井田瞳がダウンタウン・松本人志と浜田雅功、坂上忍に即興ソングをプレゼント

エンタメ

2017/08/05 09:00

4日放送『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)の人気コーナー、ダウンタウンらとゲストが酒を酌み交わし語り合う『本音でハシゴ酒』に、シンガーソングライター・矢井田瞳(39)が登場。

ダウンタウンと坂上忍(50)に贈った即興ソングが視聴者の注目を集めている。

(画像は矢井田瞳Instagramからのスクリーンショット)


 

■ミリオンヒット歌手・矢井田瞳

2000年にデビュー。数々のヒット曲を世に送り出し、ファーストアルバムがミリオンセラーを達成するなど一世を風靡した矢井田。

7歳の娘を持つ母となった現在も、毎年ツアーを開催するなど精力的な音楽活動を続けている。

関連記事:浜田雅功、オタク趣味の男性に「キモい」とバッサリ アニメファン激怒で非難殺到

 

■ダウンタウンに悩み相談

大阪出身で松本人志(53)派だったという矢井田は、自身を「つまらない女」「曲作りに必要な怒りを失った」と卑下し、悩みを打ち明ける。

周囲のスタッフから菩薩と呼ばれるほど「怒るのが面倒くさい」矢井田。

愛用のギターを傷つけても「わざとじゃない。失敗しない人はいない」ので怒らないと語ると、松本は「あとで“このハゲ―”とか(録音された)ICレコーダー出てこない?」と豊田真由子議員に絡めて笑いを起こす。

また、ライブのMCが苦手で、散歩してネタ探しをするもウケないのが悩みという矢井田に、「むしろ面白くない方向に行った方が何か生まれる。ストリップ劇場に行くとか」とアドバイス。

矢井田は「勉強になる」と感心しきりだった。

次ページ
■即興ソングを披露