『警視庁いきもの係』ペットを飼う資格とは 橋本環奈の台詞に大反響

橋本環奈演じる薄圭子の「ペットに愛情がない人に飼う資格はありません!」というセリフに多くの人が共感。

警視庁いきもの係
(C)フジテレビ

7日に『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)の第五話が放送された。動物の豆知識なども得られる可愛らしい刑事ドラマとして、幅広い世代の注目を集めている本作。

そんな中、動物をこよなく愛す刑事・薄圭子(橋本環奈)が放った台詞が反響を呼んでいる。



 

■リスザルをめぐる殺人事件

記憶喪失であることが「いきもの係」のメンバーにバレてしまった須藤(渡部篤郎)は、刑事を辞めることを決意。しかし、弘子(浅野温子)や弥生(石川恋)に辞表を破かれて、記憶喪失なんて関係ないと告げられる。

その日の夜、新たな事件が。須藤が現場に駆けつけると、そこには圭子の姿があった。なんでも、知人の五反田(鈴之助)からリスザルのことで相談を受け、彼の部屋(サルの世話を条件に叔父に借りている)を訪れたところ、恋人の名子(渡辺瞳子)が鉄アレイで後頭部を殴打されて死んでいたのだ。

捜査の結果、鉄アレイから五反田の指紋が出たことや、ふたりが別れ話でもめていたことから、五反田が容疑者となってしまうが、後に容疑が晴れて釈放される。


関連記事:『警視庁いきもの係』ドラマ初出演のだいすけお兄さんに視聴者絶賛

 

■ペットに愛情がない人に飼う資格はありません!

だが、彼がサルの餌のキウイが腐っていたことを心配していたのを見て、圭子は疑いを持つ。中身を確認すると、そこにはイヤリングが。

じつは五反田はサル嫌いの浮気相手と一緒になるため、恋人の名子を殺害し、それがサルが起こした事故に見せかけて、サルを殺処分にさせる予定だったのだ。

そうすれば、叔父に怒られることもなく、今の生活を維持できると考えたのである。

動物に罪をなすりつける容疑者に圭子は「ペットは飼い主を選べないんですよ?」「ペットに愛情がない人に飼う資格はありません!」などと、ズバっと言った。いつもの圭子らしからぬ、とても真剣な眼差しである。

次ページ
■「その通り」 共感する人続出