福士蒼汰『愛ある』はなぜこんなにイライラする? 脚本に詳しい人に聞いた

ホラーテイストなサスペンスとして注目を集める福士蒼汰主演ドラマ『愛してたって、秘密はある』。遅々としたストーリー展開がさすがにしんどくなる視聴者も…。

エンタメ

2017/08/07 16:30

愛ある
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

福士蒼汰と川口春奈が婚約者役を演じ、話題のドラマ『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)。

当サイトでも毎週深掘りレビューを行っている本作は、夜遅くに観るには少し怖いホラーなストーリーが特徴で、ツイッター上でもそれなりに反響が確認できる。

しかし、一方で「イライラする」という声もここに来てチラホラ。毎話視聴している記者としては個人的に頷けるところだが、なぜそう感じてしまうのか。物語が折り返し地点を迎えつつある今、真面目に考えてみたい。


 

■第四話はこんな感じ

考察の前に、6日に放送された第四話を振り返っておこう。主人公・奥森黎(福士蒼汰)の母親・晶子(鈴木保奈美)が何者かに背中を押され、階段から落ち意識不明になってしまったのが前回まで。

黎が病院に急いで行くと、晶子は別に死んでいたわけではなく、頭を切って縫っただけでピンピンしていた。「足を滑らせた」と言う晶子に対し、黎は自分や周囲の人たちに危険が及んでいることを感じる。

その後、爽(川口春奈)は母親の茜(岡江久美子)から花火大会のチケットをもらう。爽は黎と行けることを喜ぶが、黎には花火に強いトラウマが。昔、父親を撲殺した日に花火大会が行われていたからだ。

花火大会当日。浴衣で先に待ち合わせ場所に着いていた爽に対し、直前まで自宅で行くか悩む黎。しかし、そのとき差出人不明のメールが届く。それには浴衣姿の爽の写真が添付されていた。爽の身の危険を感じ、現場へ急ぐ黎。しかし、実際に着いてみると爽は元気でピンピンしていた。

その後、爽のもとに花火大会の日に落とした髪飾りと、黎の父親の名前が入ったトロフィーが届く。撲殺の際に黎が使ったものらしい。また、奥森家の戸籍謄本を爽の自宅に届けたのが、元教え子の女子高生・果凛(吉川愛)だとわかる。


関連記事:『愛ある』川口春奈の告白に失笑…「ダサすぎる」とツッコミも

 

■脚本に詳しい人に話を聞いた

ざっくりまとめると、母親も彼女もピンピンしていて、これまでと同じく差出人不明のメールが届いた第四話。ツイッター上では「イライラした」という声も確認できるが、それはどんな原因があってのことだろうか。

しらべぇドラマ班は過去にもインタビューに協力してくれた人物に分析してもらった。

次ページ
①ストーリーがなかなか進まない

あなたにオススメ