「納豆を食べられない人」は人生損してる? 調査したら意外な事実が…

ネバネバで栄養価も高い日本の国民食である納豆。食べられない人は人生を損している?

グルメ

2017/08/08 05:30

(gontabunta/iStock/Thinkstock)

納豆といえば、忙しい朝でも手軽に食べられて栄養価も高い、日本の国民食だ。納豆好きの中には「納豆だけあれば他は何もいらない」という声まで。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,342名に「納豆が食べられない人」について調査したところ、30.4%が「人生を損していると思う」と回答した。


 

関連記事:最強の健康食「納豆」 毎日食べている人の割合は?

 

■男性のほうがやや支持率が高い

性別では男性のほうが5ポイントほどではあるが、女性よりも納豆が好きなよう。ひとり暮らしの社会人経験から、手軽に食べられる納豆を重宝しているということだろうか。

また、年代で見ると、高齢層が納豆を支持している結果に。もっとも支持していないのは男女ともに30代であった。


■「関西は納豆を食べない」はホント?

地域別に見たところ、もっとも納豆が大好きなのは東北の35.7%で、首都圏も34.4%と3人に1人が支持しているよう。

一方、近畿や四国などの関西エリアは低い割合であり、あまり納豆に重きをおいていないようだ。「関西人は納豆を食べない」という食文化の噂があるが、その影響も多少あるのだろうか。


次ページ
■納豆は最強の食品?