SKE48・松村香織「キャバ嬢の過去」を暴露される 「先輩に写真売られた」

『おぎやはぎのブステレビ』でSKE48・松村香織がキャバクラ、メイド喫茶で働いていた経験を告白。

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

人間誰しも過去があるものだが、それはアイドルとて同じこと。中には、仰天の経歴をもつ人もいるようだ。

7日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で、SKE48・松村香織(27)が明かしたグループ加入前の経歴が話題に。


 

■キャバ嬢だった過去が発覚

番組で「3流週刊誌にナンバーワンブスに選ばれた」と発言した松村は、アイドルになる前はブスだと思っていなかったと語る。

その理由として、キャバクラやメイド喫茶で働いていた過去を明かし、「SKE48に入る前まではイケてると思ってた」と発言。

キャバ嬢、メイド発言にMCのおぎやはぎ・矢作兼(45)は「SKEってキャバクラで働いていた人が入っていいの?」と驚愕。

すると、同グループの須田亜香里(25)から「ダメとは言われていないけど、加入後にバレちゃった」とフォローが入った。


関連記事:元SKE松村香織、出演した水着ショーで下半身が… 「スポンサー怒った?」

 

■先輩に写真を売られたのが原因?

キャバ嬢だったことがバレた原因として、松村は「先輩に写真を売られたんですよ」とキャバ嬢時代の先輩が写真週刊誌に売ったことを告白。

小木博明(45)から「どの先輩に売られたか分かってんの?」と聞かれると、「(先輩と)一緒に撮ったときの写真が出た」と出処を突き止めていることも明かした。

キャバ嬢の過去がありながらも総選挙では18位だった松村。矢作は「元キャバクラなのに? バラされたのにその順位? めちゃめちゃ頑張ってるじゃん」と感心していた。

次ページ
■あの経験もぶっちゃけ

あなたにオススメ