わずか4作で休業した伝説のセクシー女優・吉川蓮 「完全復活」のリアルに迫る

2年前、デビュー直後に突如休業した「伝説のセクシー女優」が完全復活

 

■復帰作はデビューのときより緊張

吉川蓮

23歳になって、オファーされる役も以前とは変わってきたと語る蓮ちゃん。

吉川:2年以上たったからかもしれないですが、「痴女役」のオファーが増えましたね。自分ではそんなに変わってないと思ってたけど、ちょっとお姉さんになったのかな(笑)元々はドMやと思ってたんですけど、攻めるほうの演技もやってみると意外と楽しいです。


復帰作の撮影現場は、デビュー作を撮ったときとは違う緊張感がありました。デビューのときは何もわからないし、「男優さんや監督さんにおまかせすればいいや」という思いもあったけど、今の役だと自分から攻めないとダメ。


やったことなさすぎて、デビュー作より緊張したかも。そんなドキドキ感、今まで見せてなかった顔を見ていただけるかもしれませんね。


吉川蓮

ファンに向けては、「イベントとかもキャンセルして、心配やご迷惑をおかけしてしまって、すみませんでした。今後、やりたいこと・できることを見つけて、応援してもらえるよう頑張ります」と語った蓮ちゃん。

あらためて始まる「吉川蓮エピソード2」が楽しみだ。

・合わせて読みたい→『ミオヤマザキ』原作のツイッター連ドラ セクシー女優・園田みおんがミオ愛を激白

(取材・文/しらべぇ編集部・タカハシマコト 取材協力/吉川蓮

あなたにオススメ