マクドナルドのローストビーフが「ハムではないか」と話題 本当か確かめてみた

マクドナルドが8月9日から提供している『東京ローストビーフバーガー』にハムが使われているというウワサが

2017/08/14 07:30

8月9日から、日本マクドナルドが「マックなのか? マクドなのか? おいしさ対決!」として、マクドナルドの「愛称」を東西対決で決めるキャンペーンを開始している。

東日本・マック軍の主力商品が『東京ローストビーフバーガー』、西日本は『大阪ビーフカツバーガー』と、どちらも美味しそうなバーガーなのだが、ある疑惑が浮上してきた。

それは『東京ローストビーフバーガー』に使われているローストビーフが、じつは豚肉のハムを使っているのではないか…というものだ。


画像をもっと見る

 

■ネットでは「ハムサンド?」といった噂も

ネット上では「安物ハムをはさんでいるだけ」と報じるメディアも出てきているが、ウワサのとおりローストビーフなのにハムを使っていたら、詐欺に等しい。

はたして噂のとおり、東京ローストビーフバーガーはハムをはさんでいるだけなのか? 実際にマクドナルドへ行き、確かめてみることにした。


関連記事:いきなりステーキの激安弁当、「いきなり食べられない」予想外の代物だった

 

■東京ローストビーフバーガーを注文

近くのマクドナルドへ行き、まずは普通に東京ローストビーフバーガーを注文。

外側から見た感じだと、普通にパティとローストビーフがはさまったサンドだが…

開いてみても、やはり「大判のローストビーフ」が3枚はさまっていた。見た目も味もハムではないので、「ハムサンドという噂はデマ」と言っていいだろう。

次ページ
■素人目にもハムではない
マックマクドハムマクドナルド東京ローストビーフバーガー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング