IMALU「ブスの気持ちわかってる」と豪語 闇の深さにおぎやはぎも驚愕

『おぎやはぎのブステレビ』に明石家さんまの娘・IMALUが出演。おぎやはぎも性格のねじれを指摘。

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

お笑いBIG3のひとり・明石家さんま(62)の娘でタレントのIMALU(27)といえば、なにかと触れにくい存在だ。

しかし、14日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かした親しみやすさが話題に。

 

■ブス扱いも歓迎のIMALU

同番組では世間でブス扱いされる「ブス枠」の女性たちがトークを広げた。

MCのおぎやはぎはIMALUがいることで「やりづらい」と感想をもらすが、IMALUは「芸人さんには壁を感じる。殻を破っていきたい」とアピール。

さらに「ブスの気持ちはわかってる」と豪語したIMALU。さまざまな事情を抱えて生きていると明かした。

おぎやはぎ・小木博明(45)が「じゃあブス扱いでいいの?」と聞くと、IMALUは「もちろん」と発言。さらに、スタジオのブス枠の女性からも「ブスです」と太鼓判をもらった。

 

■テープで二重まぶたに

「かわいくなりたい」と憧れをもっていたというIMALU。元々一重まぶただった目だが、二重まぶたになりたくてセロハンテープをまぶたに貼って無理矢理に矯正したとのエピソードも明かした。

また、モテなくて困っているというIMALUは「本当にモテなくて、連絡先を聞かれることもない。アプローチもないから本気で悩んだ」と非モテエピソードも語った。

次ページ
■IMALUは闇が深い?

あなたにオススメ