しらべぇ

「本当にあったブスの怖い話」におぎやはぎも驚愕 幽霊より人間のほうが怖い?

『おぎやはぎのブステレビ』で明かされた「本当にあったブスの怖い話」が話題に。おぎやはぎも驚愕の内容とは…

エンタメ

(画像はAbemaTVのスクリーンショット)

夏といえば怪談話のシーズンだが、本当に怖いのは人間との声もある。人の情念はときに想像もできないような恐ろしさとなってあらわれるようだ。

14日に放送された『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた「本当にあったブスの怖い話」が話題に。

 

■本当にあったブスの怖い話

番組では「本当にあったブスの怖い話」について街頭インタビュー。

・彼氏が好きすぎるゆえにこっそりと避妊具を刃物で切り、「あなたの子供がほしくて切っちゃった」と笑いながら話したメンヘラ気味のブス

 

・好意をもっている男性の家の近所の壁に、その男性と自分の名前を相合傘のように落書きするブス。その後、LINEで「アレ私だよ、ごめんね」と謝ってきた

 

・彼氏に盗聴器を3つも付けていたブス。気づいた彼氏が問い詰めると「ようやく気付いたんだね。私の重みが伝わったかな?」と言ってきた

 

といった恐怖行動がエピソードとしてあがった。

 

■SKE48の「恐怖のプレゼント事情」

これらの話を受け、アイドルグループ「SKE48」の松村香織(27)からは、ファンからの変わったプレゼントについての体験談が。

ファンからぬいぐるみをたびたび貰うことあがるという松村。盗聴器など、なにが仕掛けられているかわからないため、一度ぬいぐるみを叩いて調べるそう。

その他にも、白いシミがついたぬいぐるみをプレゼントされることがたまにあるという。

 

■好きすぎるがゆえ奇行に走る?

また、スタジオの「ブス枠」の女性からは…

・好きな男性とのLINEをフォルダに保存したブス

 

・好きな男性が彼女とやっていた鍵付きブログのパスワードを入手して覗いていたブス

 

・SNSをつかって好きな男性の会社を突き止めて、目の前で待っているブス

 

恋愛が成就していない段階でストーカー行為におよぶそう。恋愛に発展しない「ブス」ならではなのかもしれない。

これらの話を受け、MCのおぎやはぎ・矢作兼(45)は「幽霊より怖いよね」、相方の小木博明(45)も「ブスは怖い」とドン引きの様子だった。

 

■ストーカー経験は1割

好きな人に対する愛情は、ときに奇行としてあらわれることも。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,378名に「ストーカー」について調査したところ、1割が「ストーカーと思われてもおかしくない行為をしたことがある」と回答。

男性のほうが多い結果となった。

 

相手を好きすぎるがゆえにストーカーや奇行に走らせてしまう恋愛。やはり、人間のほうが幽霊よりも怖いのかも。

・合わせて読みたい→IMALU「ブスの気持ちわかってる」と豪語 闇の深さにおぎやはぎも驚愕

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2016年5月20日~2016年5月23日
対象:全国20代~60代の男女1,378名 (有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集