しらべぇ

川栄李奈発案「永野芽郁ポーズ」が本格流行の兆し? 三浦翔平もマネ

ドラマ『僕たちがやりました』から、若者の間で新たな流行が生まれそう。

エンタメ

窪田正孝、永野芽郁、川栄李奈、間宮祥太朗などフレッシュなキャストで若い女子を中心に人気を集めるドラマ『僕たちがやりました』(フジテレビ・関西テレビ系)。

視聴率的にはそれほど奮っていない本作だが、若者層へは確実に響いているようで、SNSで目にする機会も多い。そんな中、出演者のひとりが発案したとあるポーズが若い女性を中心に、ネット上で大流行の兆しを見せている。

 

■川栄李奈が「流行らせて」と投稿

発端となったのは川栄が13日に行なったこの投稿。

これいまハマってるから流行らせて〜笑 #永野芽郁ポーズ

A post shared by 川栄李奈 (@rina_kawaei.official) on

「これいまハマってるから流行らせて」とのコメントを添えて、「永野芽郁ポーズ」なるものの写真をアップした。

元ネタは、同ドラマ公式LINEスタンプ。その中に、永野演じる蒼川蓮子が上記のような体勢になっているものがあるのだ。気になった人がいればここでチェックしてほしい。

 

■実際に流行り始めそうな勢い

その後、ネタにされた(?)形の永野も自身のツイッターで写真を投稿。ツイッター上では、多くの人がこのポーズについて言及している。

 

■他の共演者も「永野芽郁ポーズ」

作中では主人公・トビオ(窪田正孝)らと敵対する刑事・飯室役を演じる三浦翔平も、このとおり「永野芽郁ポーズ」を披露。若干、挙手している風になっており、どちらかと言えば「よっ」ではなく「はいっ」なのが気がかりだ。

発案者の川栄は何パターンも見せ、かなりお気に入りの様子だ。

正直なところ、おじさんおばさんには何の話か、そして何が楽しいのかまったくわからない盛り上がりだろうが、記者が調べたところとくに深い意味はないよう。

ゆえに、あまり考えずにいることをオススメしたい。

《これまでに配信した『僕たちがやりました』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい⇒加藤諒、エゴサーチの結果に動揺? 「死んだって出てきました」

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

関連記事

人気記事ランキング

ライター募集中 記者・編集者募集 fumumu