しらべぇ

舛添要一氏、現在の月収は11万円 カップ麺をすする姿に「貧乏アピールするな!」と批判殺到

『有吉ジャポン』に前東京都知事の舛添要一氏が出演。地下室で生活し、カップラーメンをすする貧乏ぶりが話題となった。今後はメディア露出もしていきたいとのことだが…

エンタメ

(画像はTwitterのスクリーンショット)

前東京都知事の舛添要一氏(68)といえば、政治資金の私的流用などが指摘され、世間の批判を浴び昨年6月に都知事を辞職。あれから1年2ヶ月たった今、どのような生活をしているのだろうか。

17日放送の『有吉ジャポン』(TBS系)で現在の様子が明らかになり、注目を集めている。

 

■月収11万円の地下室生活

2着で3万5,000円もするシルクの高級中国服や、公用車での温泉通いなど「公私混同」が問題視されていた舛添氏。海外出張の際はファーストクラスやスィートルームを利用し、税金のムダ使いを指摘されたときは「トップが二流のビジネスホテルに泊まりますか?」などと発言していた。

その舛添氏だが、現在では都内の一軒家の本で埋め尽くされた地下室で、引きこもり生活を送っているという。

現在の月収は「事務所から入る11万円」と明かし、貯金を切り崩して生活している舛添氏。そのため、食事は100円程度のカップ麺で済ませることも多いようで、「おいしい」と言いながら麺をすする様子も放送された。

また、再就職を考えてはいるが、状況を考えて難しいと判断しているとのこと。家族を養うため、子供の学費を捻出するために、今後はメディアでの露出を増やしていきたいそうだ。

 

■「間違っていないことを言うのはイヤ」

舛添氏は自身の当時の記者会見について「対応がめちゃくちゃ下手ですね。失格ですね、まさに」と振り返った。

スタジオの出演者に「都知事としてふさわしくなかったんじゃないですか?」と聞かれると、舛添氏は「私はあまりにも合理的で論理的すぎる人間なんですよ。みんなにも『すぐに謝ればよかったのに』と言われた」と反省の様子。

さらに、「すぐ謝れば済む問題なんだけど、自分の性格で『間違っていない』と思っているものを言うのはイヤなんですよ」と語った。

次ページ
■貧乏暮らしもネット民には響かず

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集