錦戸亮主演『ウチの夫』 初めての夫婦喧嘩に「かわいい」の声続出

『ウチの夫』第6話。今まで一度も怒ったことのなかった司(錦戸)が粘菌のことで怒りを爆発させるも「かわいい」の声が後を絶たない。

ウチの夫1

錦戸亮・と松岡茉優が夫婦役を演じ、話題のドラマ『ウチの夫は仕事ができない』(日本テレビ系)。

先週放送された第6話は「ケンカ」がテーマの回に。温厚で一度も声を荒立てたことのなかった司(錦戸亮)だが、初めて見せた怒る姿に大きな反響が集まっている。

この記事では、そんな第6話の振り返りと、今夜に放送が迫った第7話の見どころを紹介しよう。


 

■大切に育てていた「粘菌」をダメにされて…

司とケンカをしたことのない沙也加(松岡茉優)は、マタ友から「一度もケンカしたことがない夫婦に限って簡単に離婚してしまう」という話を聞き、出産前に夫婦ゲンカをしようと焦る。

そこで沙也加は司とケンカをするきっかけを作るため、家事をわざと放棄。しかし、何をしても怒らない司に、沙也加はケンカの必要はないと思い直す。

そんなある日、司が家に帰ると大切にしていた粘菌が沙也加の不注意でダメになっていたことが判明。朝に注意していたこともあって、司の怒りが爆発してしまうことに。

想定外の夫婦ゲンカが勃発したことで、ケンカを望んでいた沙也加も戸惑ってしまい、小林家は険悪な空気になってしまう。


 

■怒ってもひたすら「かわいい」

人間、怒れば普通は怖いもの。しかし、この夫婦ゲンカのシーンを観た視聴者からは、とにかく「かわいい」の声が後を絶たない。

たしかに司の怒り方はどこかたどたどしく、子供が拗ねている様子を思わせる演技。司のキャラクターは、確実に視聴者の心を掴んでいるようだ。

次ページ
■普段はおとなしい人が突然キレたら...

あなたにオススメ