コーディネートを教えてほしい! プロの手で激変した人も

プロに洋服のコーディネートをしてもらいたいかを調査。洋服に興味があるのは、やっぱり若い女性?

ライフ

2017/08/25 08:00

(imtmphoto/iStock/Thinkstock)

ファッション雑誌を開くと、いつも新しい「今はやりのファッション」が紹介されている。

着こなしが難しかったり、デザインが独特なものもあったりするため、「見る分にはかわいいけれど、これを私はどうやって着こなしたらいいんだ?」となることも。

そんな時、もしもプロが指導してくれたら…そう思ったことがある人は少なくないはずだ。



 

■やっぱり女性は「ファッション」に敏感!

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の男女1,342名を対象に「プロに洋服のコーディネートをしてもらってみたい」かどうが調査したところ、全体の35.3%は「やってみたい!」と回答。

性年代別で見てみると、やはり若い女性がダントツで高い割合に。

20代、30代の女子の半数以上が、「一度でいいからプロに洋服を選んでもらいたい!」と思っているのだ。年齢が上がるごとに減っていくが、60代でも3人に1人はコーディネートを希望している。

「いつも似たような服ばかり買ってしまうので、『本当に私に似合う服』を選んでほしい!」(30代・女性)


「雑誌を見ていると、いくつになっても素敵な服装をしている。私もあんな風に、洋服が選べるようになりたいので」(50代・女性)


関連記事:洋服は消耗品? 安いものでも開いた穴を縫って着続ける人も

 

■男性は「どうせ変わらない」?

一方の男性は、30代のみ35.3%と高い数字になっているが、その他の年代では2割前後。

ファッションに興味がない人や、洋服にお金をかけたくない、といった声が。

「普段はスーツだし、休日出かける時は適当な格好。こだわりもないし、別にプロに教わらなくていいかな」(40代・男性)


「お金かかりそう」(20代・男性)


しかし、スタイリストの友達に洋服を選んでもらった男性は、驚いたそう。

「普段だったら絶対に買わない色、形の洋服を勧めてもらって。いやいやいや…と思ったけど、着てみたらぴったり。合わせ方まで教えてくれて、『さすがプロだわ』って思いましたね。


店員さんだと、こうはいかないじゃないですか。あれ以来、ファッションが楽しくなりましたね」(30代・男性)


意外に、プロの手で化けるのは男性のほうかも…。

・合わせて読みたい→洋服は消耗品? 安いものでも開いた穴を縫って着続ける人も

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,342名(有効回答数)