あなたの会社は大丈夫? 男女でオフィス内「冷房戦争」勃発中

なかなか職場全員が心地いい温度はないため、「寒い」「暑い」の争いになっているオフィスも…。

(violet-blue/iStock/Thinkstock)

お盆前後から雨降りが多く、涼しい日が続いている。しかし、気象庁の3ヶ月予報では「9月から厳しい残暑になるのでは」と言っており、まだまだ油断できない。

気温が上がると、どうしても「クーラーON! さらに設定温度も下げよう!」と思ってしまうが…それ、職場でやると「戦争」を呼ぶ人も。


画像をもっと見る

 

■オフィスの空調に満足してる?

心地よい温度は、人によって異なるもの。ちょっと「暑いな」「寒いな」と思っても、なかなか勝手に設定温度を変えるわけにいかず、自分の思い通りにはできない…それがオフィスの空調の問題点だ。

では、そんなオフィスの冷房環境に満足している人は、どのくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20代〜60代の働いている男女620名を対象に、「オフィスの空調の設定温度」について調査したところ、全体の65.7%は「満足」と回答。

ある程度は快適に過ごせている人が多いようだ。


関連記事:夏のエアコン 冷房 vs ドライどっちが多数派なのか問題

 

■全体は「満足」でも…

一見、「みんながそれなりに満足しているなら、今のままで大丈夫じゃないか!」と思える結果。しかし、一部の人たちはかなり不満を抱いていることも明らかに。

40代(45.0%)・50代(47.2%)の女性から上がっているのは「寒すぎる!」の声。

「信じられないくらい寒い。上着にカーディガンは必須。ここは冬ですか? 北国ですか? って感じ。外に出ると、凍った体が溶ける感じがします」(40代・女性)


「営業所に勤めているので、外回りの多い男性たちに温度は合わせていて。極寒ですね。足元ヒーターをそっとつけています…」(50代・女性)


一方で、男性からも不満の声が。

「暑い。設定温度をもうちょっと下げてもいいと思うんですけどね。寒がりなお局様がクーラー直下にいて『寒いからこの温度から変えないで!』と。今、席替えを提案中です」(30代・男性)


「典型的な『クールビズを勘違いしている』職場で。『設定温度じゃなくて、室温ですよ?』と伝えているのですが、頑なに変えてくれない」(40代・男性)


クールビズの広まりにより、室温を28度にする動きが活発になっている。しかし、中には「設定温度を28度!」と未だに勘違いをしている人も少なくないのだろう。


■それぞれの座席でできる工夫を

「寒い!」ほど冷房を入れるのは、ちょっと不毛だ。もちろん、暑くて耐えられない、熱中症になってしまう…なんてレベルは問題外だが。


卓上扇風機や通気性のいいクッションを使う、サーキュレーターを導入する、空調の位置に合わせて席替えする…。

ちょっとした工夫で、設定温度を下げなくても心地よい環境になるかも。

・合わせて読みたい→クールビズも影響? 男子の半袖姿に「萌える」女子が続出中

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の有職者男女620名(有効回答数)