用を足さずにトイレの個室に スマホや気分転換に最適との声

トイレ休憩が長すぎると、批判の声もあるが…

ライフ

2017/08/31 05:00

(RyanKing999/iStock/Thinkstock)

近年はトイレ設備の充実をアピールポイントにする商業施設も増えるなど、トイレは汚いところとのイメージはすっかり息を潜め、ゆったりと落ち着いたスペースになっている。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,342名に「トイレの利用について」の調査を実施。

その結果、「用を足す以外の目的でトイレの個室にこもることがある」と答えた人は15.5%と意外と少数であった。


 

■トイレの中でスマホや読書

年代別で観ると、若い人ほどトイレの個室を活用していることがわかる。

トイレの個室年代別グラフ

若い人たちは、トイレの中でどんなことをしているのだろうか。

「スマホをチェックしながら、しばらく休憩をしている」(20代・女性)


「家の中で一番読書が進むのが、トイレ」(30代・男性)


文字を読むのに、トイレは向いているのかもしれない。


 

■会社員が唯一、一人になれる場所

職業別では、会社員が比較的多い割合になっている。

トイレの個室傾向別グラフ

「会社で一人になれる場所が、トイレくらいしかない。嫌なことがあったときには、トイレにこもって気持ちを落ち着かせるようにしている」(30代・女性)


一方で、無職・家事手伝いでは1割を切り、少ない割合である。一人で過ごす時間が長いので、誰にも邪魔されない空間を求める必要がないのかも。


■長いトイレ休憩に批判も

家のトイレはまだしも、会社や公共施設のトイレはたくさんの人たちが利用する場所。トイレを独占する行為を、あまり良く思っていない人もいる。

「トイレに行って、なかなか帰ってこない後輩がいる。帰っていたときに手にはスマホを持っているから、ずっとチェックしているんだと思う」(30代・女性)


そんな意見に、反論をする人も。

「30分くらいトイレを占拠するなら迷惑だけど、少しの気分転換くらいはいいと思う。タバコを吸う人は、頻繁に休憩しているし」(20代・女性)


気分転換にトイレの個室が最適だとの意見は、理解できる人も多いだろう。用を足す人の邪魔にならないように注意をしながら、活用したいものだ。

・合わせて読みたい→公衆トイレのウォシュレットは使えない? 「誰が使ったのか…」

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

あなたにオススメ