男性の「うんこ漏らし率」はなぜ女性の2倍なのか? 4万人に調査した結果…

大人になってから「うんこを漏らした割合」を全国4万人に調査!

ライフ

2017/08/31 06:00

トイレ男性
(Manuel-F-O/iStock/Thinkstock)

一般的に、用を足すのはトイレでするもの。しかし、急にお腹の調子が悪くなったり、近くにトイレが見つからなかったり、思わず漏らしてしまう場合もある。

液体である尿ならまだしも、うんこの場合は、ニオイや後処理など悲劇的な結果になりかねない。こうした大惨事には、どれくらいの人が見舞われているのだろうか。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女44,949名を対象に調査を実施した。


 

■男性の3割にうんこ漏らし経験

うんこ漏らし

うんこ漏らしの経験は、男女で大きくことなる結果となった。男性はおよそ3割が漏らした経験あり。一方の女性は、その半分を下回った。

女性には「便秘ぎみ」の人も少なくなく、突発的な便意に襲われるケースが、男性との比較では少ないのかもしれない。

また、もし漏らしてしまっても、男性の場合は3人に1人が経験済みなわけで、それほど落ち込まなくてもよさそうだ。


 

■60代は漏らしづらい?

今回の調査では、オムツをしている乳幼児期の体験を除くため、「成人してから」と質問した。そのため、長く生きている人ほど経験率が上がりそうなものだが…

うんこ漏らし

男性は、20代がもっとも低く、50代までは増えていく傾向。しかし、60代は一気に低くなっている。一方の女性は20代は低いものの30代〜50代はほぼ変わらず、60代がもっとも低い傾向に。

少なくとも20〜60代においては、必ずしも生きた時間が長いから「うんこ漏らし経験が増える」というわけではなさそうだ。

・あわせて読みたい→深夜の渋谷駅に人糞が散乱!? 悪意あるいたずらか漏らしの悲劇か

(取材・文/しらべぇ編集部・盛山盛夫

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年2月13日~2017年3月9日
対象:全国20〜60代男女44,949名(有効回答数)

あなたにオススメ