市章が変わった? 発売10周年の『初音ミク』イベントに千葉市も参戦 

千葉市のWebサイトに表示される市章が初音ミクに、全く違和感を感じさせない…

地域

2017/08/31 18:30

初音ミク
(画像はTwitterのスクリーンショット)

31日に発売から10周年迎えたボーカロイド『初音ミク』。今も根強い人気を誇るが、千葉市とのコラボ企画が、話題を呼んでいる。



 

■市章がミクに!?

以前から、デザインが市章に似ていると一部で囁かれていた初音ミクが31日の21時まで、限定で千葉市のWebサイト上で市章と差し替えられ表示される。

千葉市の熊谷俊人市長はコラボが決まったとき、自身の思いをTwitterで思いを語った。

「千葉市のWebサイトを初音ミクデザインに変更します。市民の困惑がないかドキドキしています。千葉市は新しい文化も進行しており、ボーカロイドも音楽表現の1つとして応援します」


若い熊谷市長ならではの遊び心に日本中が注目するかもしれない。


関連記事:地球史に『千葉時代』誕生へ 千葉県の英雄・ジャガーさん「時代はまさにチバニアン」

 

■イベントでもコラボ!

千葉市は9月1~3日に開催される「初音ミク『マジカルミライ2017』」で千葉市コラボブースの展示を行い、缶バッチやクリアファイルなどのコラボグッズを配布することも発表している。

クリアファイルは千葉市の楽しみ方を提案するスマホアプリ「千葉あそび」をダウンロードした先着150名限定で配布。

缶バッジは、「千葉シティ5BEACH観光PR大使」が運営するSNSのフォロー画面を提示することで先着3,000名に配布される。

ファンなら持っておきたい珍グッズだ。

次ページ
■変更された市章にネットは?