しらべぇ

自腹でもデリヘル利用はダメ? 天理市・並河市長をめぐり議論勃発

東京出張中に2回デリヘルを利用した奈良県天理市の並河健市長(38)をめぐり、ネットでは議論が起こる。

オトナ 社会

天理市市長

(画像は公式サイトのスクリーンショット)

国民、市民を代表する政治家という仕事は、高い倫理観と道徳観が求められる。だが、彼らにもプライベートはあり、そこにどこまで口を出していいのかというのは難しい問題である。

31日、奈良県天理市の並河健市長(38)が公務で東京都に出張中、宿泊先のホテルでデリヘル(派遣型風俗)を呼んでいたことがわかり、ネット上では議論が紛糾している。

 

■東京出張中にデリヘルを2回利用

今週発売の「週刊新潮」が本件を報じたことを受け、市長は記者会見を行い、「このたびは、私のプライベートにおけます軽率な行動、不徳の致すところによりまして、お騒がせし、誠に申し訳ありません」と謝罪。記事内容をおおむね認めた。

報道や並河市長の説明よると、2・6月の2回、公務で上京した際、デリヘル(エステ系)の女性を呼んで性的サービスを受けたという。

 

■「本番行為」強要は否定 支払いも私費で

また、記事内では性交渉を行なった旨も記載されていたが、それについては「法律に抵触する行為はなかった」と否定。

また、サービスを受けたのは公務終了後であること、および支払いも「プライベートなお金だった」ことを、あわせて報道陣に説明した。

 

■ネットでは賛否両論に

彼の発言が真実かどうか、さらなる追求によっては話は大きく変わってくるだろう。

しかし、今のところネット上では「自腹で利用することの何が悪いのか」「全国放送するネタなのか」など、支払いが私費だったとした上で市長を擁護する声が多く見られる。

しかし一方、「公人である以上、プライベートも一般人以上に気をつけるべき」と言った意見や、「家族がいる以上、軽率」「ホテル代は公費と指摘される可能性も考えておくべきだった」などの意見も確認でき、賛否が別れている状態だ。

いずれにせよ、今月告示される市長選への影響が出ることは、免れられないと言えそうだ。

 

■仕事中に風俗に行く男性は一定数存在

業務中に風俗店グラフ

ちなみに、しらべぇの調査では勤務時間中に風俗店を利用したことがあると答えた男性は全体の6.7%。年代別では30代が12%ともっとも高かった。ほとんどの人が公務ではないものの、仕事中にムラムラしてしまう男性は一定数いるようだ。

・合わせて読みたい→マツコもびっくり? Hにまつわる千葉県民の悲しい事実

(文/しらべぇ編集部・クレソン佐藤

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 
調査期間:2016年11月25日~2016年11月28日 
対象:全国20~60代の男性682名(有効回答数)

 

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集