しらべぇ

「あの時辛かったから…」 元風俗嬢たちが明かす「壮絶な経験とその後」

壮絶な過去を乗り越え、幸せを掴んだという人の中には、お客さんと結婚した人も…?

オトナ 社会

太もも

(Jaymast/iStock/Thinkstock)

数ある職業の中でも、長い歴史を持つと言われる風俗産業。さまざまな事情を抱え「風俗嬢」となった女性たちは、その後どのような人生を歩んでいるのだろうか。

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』にて、風俗経験をした女性のその後の人生をたどるトピックが投稿され、注目を集めている。

 

■元風俗嬢は今、幸せ?

投稿者は、事情により短期間風俗店で働いていたことがあるという女性。すでに結婚しているそうで、夫をはじめ風俗店で働いていたことは誰にも伝えていない。

投稿者は自らが風俗嬢だったことを「悪い行い」と表現するなど、強い罪悪感に苛まれており、風俗経験者たちに向けて「皆さんは今、幸せですか?」と問いかけている。

 

■投稿者を励ますコメントが殺到

こちらのトピックには、罪悪感に苛まれ続けている投稿者に向けて、風俗経験のあるユーザーから、自身の経験を踏まえた励ましのメッセージが寄せられている。

・人並みの普通の生活を送っています。 普通の生活が欲しくて始めたことだったので 辞めて目的を達成して今はとても幸せです

 

・お客さんが今の旦那です。 ですが働いてた事を一切言わない事が暗黙の了解です。 とーっても幸せです

 

・風俗で働く前は再婚した親達に暴力振るわれて、お金もないまま家出して住む所もなかった。その頃は身分証確認とかいい加減で助かった。未だに独身だし誰にも言えない事だけど、病気にもならず辞められて、人並みの暮らしが出来てる今は幸せ

 

・ 思い出すよ 。そして 今の幸せを噛みしめる。 ワンオペ育児だって、子供が同時に泣き喚いたって幸せ感じてるよ。あの頃辛かったから

 

過去は過去と割り切り、今は「幸せ」と感じられる生活をしているとの報告が多数寄せられている。

中には、お客さんと結婚したという人や、風俗で働かなければならなかった辛い過去があったからこそ、今の生活がより幸せに感じる、といった声も。

 

■壮絶な経験に苦しみ続けている人も

「幸せになった」というコメントばかりではなく、その壮絶な経験を今も引きずってしまっている、という人も少なくないようだ。

・接客中の悪夢を時折思い出して吐きそうになる。 心療内科通ってるけど一生治る気がしない

 

・母親が亡くなって、どうしようもない気持ちをぶつける感覚で働いたことがあります。 今は結婚して子供がいます。でもやっぱり、毎日思い出してはビクビク生きてます。 幸せなのがすごく怖い…なんてことしたんだろう

 

・男性不信になって幸せではありません

 

・辞めて8年経ったけど、未だに悪夢みるよ。 生活費や親の入院費用のために働いてたけど、辞めたあとも警察から連絡きたりね

 

・私は家庭の事情で6年近く風俗してました。(中略)みんな何らかの事情があって働いてたので、幸せになってほしいです。 中には自殺や事故死してしまった子も知っているので…

 

覚悟を決めて手を出した仕事とはいえ、お店の環境や客とのトラブルなど、その壮絶な経験によって酷いトラウマができてしまったという人や、投稿者と同じく「元風俗嬢」という罪悪感に苛まれているという人も。

 

■風俗は「お客」であっても恋愛対象外?

しらべぇ編集部が全国の20~60代男女1,342名に「風俗を利用したことのある異性」についての調査を実施したところ、「風俗を利用したことのある異性はれない対象外だ」と回答した人は全体で36.0%という結果に。

風俗に行くのは恋愛対象外性年代別グラフ

各年代とも、男性に比べて女性のほうが、風俗を利用する人に対して嫌悪感を示しているようだ。

 

21世紀の現代でも、風俗は後ろ指を指されてしまう職業なのかもしれない。しかし、懸命に働く彼女たちは、確実に社会の歯車の一端を担っている。

・合わせて読みたい→JKビジネス少女ら「お金はゴミみたい」 「裏オプ」危険性に元風俗嬢が警鐘

(文/しらべぇ編集部・もやこ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1,342名 (有効回答数)

 

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集