若返り求めない? 『サワコの朝』でIKKOが語った「50代からの美しさ」とは

50代半ばを迎えた美容家・IKKOが今後目指していく美とは何か

エンタメ

2017/09/02 17:30

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

2日に放送された『サワコの朝』(MBS/TBS系)のゲストに「どんだけ~!」のフレーズで一世を風靡した、美容家・IKKOが出演。そこで語られた、これからの美との向き合い方が話題だ。


 

■若返りは必要ない?

美容家、タレントして、ストイックに全力で仕事をこなすIKKO。今後の目標を阿川佐和子に聞かれると…

「50代以降の人がその人なりに思っている美しさになれるか勉強したい。50代なら50代の美しさあるし60代なら60代の美しさがある。


若返りは必要ない思う、私は変に若返りをすることは、違う気がする。メイクが美しいとかじゃなくて輝いてることが年齢と共に重要で私も50過ぎて色々あるけど、喪失感に負けたくない」


関連記事:美容にこだわる女性をどう思う? 若年層と高齢層では大きな世代差も…

 

■外見美人は増えているが…

現代では、年齢より驚くほど若く見える「美魔女」と呼ばれる人達が増えている。「キレイすぎる」と度々話題になるが、一方では「痛いおばさん」だと言われることも。

美を追求し、キレイを保つ努力は素晴らしいが、大切なのは「外見美」だけでは無く「内面美」を磨くことかもしれない。

美魔女ブームもあり今後は、外見的な美しさに限らず、内面が輝く50代60代を増やし「内面美」引き立てたいと思いが込められていそうだ。

次ページ
■ネットでは称賛の声