視聴率対策?『ごめん、愛してる』に『池袋ウエストゲートパーク』が…

長瀬智也主演ドラマ『ごめん、愛してる』に『IWGP』のあの場所が登場し、ファンの注目を集める。

ごめん愛してる

ジャニヲタ歴30年ライター、ナンシー関ケ原です。

TOKIOの長瀬智也くんが主演を務めるドラマ『ごめん、愛してる』(TBS系)にあるロケ地が出てきたと、ファンの間で話題になりました。


 

■『池袋ウェストゲートパーク』に出てくる橋

『ごめん、愛してる』第8話。長瀬智也くん演じる律は、脳に残った弾丸を取りのぞく技術をもつ医師が、アメリカにいるかもしれないと希望を持ちます。

しかし、日本にいる脳外科医は、そんな話は嘘だと否定。絶望した律は病院を出て橋へ向かい、そこで大声を出して悲しみをぶちまけました。

このシーンが撮影されたのが「池袋大橋」。池袋の西武百貨店と東武百貨店を結ぶ橋で、橋の下にはたくさんのJR線が走ります。

この橋は、長瀬くん主演で2000年に放送された『池袋ウエストゲートパーク』(TBS系)で度々出てきたところです。


 

■『池袋ウエストゲートパーク』ファンにすがる?

『ごめん、愛してる』の視聴率は現在8~9%台。一方、『池袋ウエストゲートパーク』は当時13~15%と高い視聴率をキープしていました。(ビデオリサーチ調べ/関東地区)

今回のドラマの編成には『池袋ウエストゲートパーク』でプロデューサーだったTBS磯山晶氏がおり、もしかしたら同作のロケ地を使ってみようと提案したのかもしれません。

『池袋ウエストゲートパーク』を見てかつて長瀬くんファンになった人を、今回のドラマにも呼び込もうという意図もあるのでしょうか。

視聴率が8~9%とはいえ、土日に放送されているドラマの中ではトップを走る『ごめん、愛してる』。脳に弾丸が残り余命少ない律がどこで最期をとげるのか、ロケ地にも注目です。

《これまでに配信した『ごめん、愛してる』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『ごめん、愛してる』長瀬智也の腕枕にファンが沸かなかった理由 

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原 イラスト/ミキシマ

あなたにオススメ