『警視庁いきもの係』が壊れた?予告に「ハチャメチャすぎる」の声

次週最終回を迎える『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)の予告が色々とおかしい。

警視庁いきもの係
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

橋本環奈と渡部篤郎が凸凹刑事コンビを熱演し、視聴率以上のアツい支持を得ているドラマ『警視庁いきもの係』(フジテレビ系)。

当サイトでもレビューしたように、3日に第九話が放送されたのだが、本編終了後に放送された最終話の予告動画に注目が集まっている。


 

■「ついに壊れた?」 予告が妄想すぎる

「百聞は一見にしかず」ということで、動画をご覧いただきたい。

ギガがもったいない人のために、何が起こっているかを箇条書きで説明すると……

・銃を構える須藤(渡部)


・「裏切り者?」と驚く弥生(石川恋)、二出川(でんでん)、田丸さん(浅野温子)


・「お前らがやったのか~」と、なぜか『僕たちがやりました』飯室風な三浦翔平こと石松刑事(※三浦は現在、両作品で性格が180度違う刑事役を演じている)


・「アリバイが、ありばいいんですけどね…」とダジャレをかますブラックな雰囲気の四十万(横山だいすけ)


・『真田丸』伊達政宗と思われる(セルフ)パロディを全力で演じる眼帯・長谷川朝晴と清原翔


・「こんな動物、他にはいません!」と動物慣れしているはずの圭子(橋本)が驚く


……などなど、「これまでの『いきもの係』は一体何だったんだ…」と一瞬思える内容だが、これにはじつは裏が。

警視庁いきもの係
(画像はYouTubeのスクリーンショット)

関連記事:橋本環奈、頭にフクロウを乗せる キュートな写真にファン悶絶

 

■撮影、間に合わず「妄想予告に」

放送終了後の、ドラマ公式ツイッターの投稿。「#やっぱり」「#撮影が間に合わなかったので」「#一生懸命」「#妄想をカタチにしました」とのコメントを添えて、予告が予告ではないことを明かしている。

よく見ると、予告動画の右下にも「※一部、妄想が混じっています。」「一部全部、妄想が混じっています。」との表記が……。

次ページ
■視聴者も大盛り上がり

あなたにオススメ