武井咲の結婚で発覚! 映画『るろうに剣心』新作は…ファンに混乱も

原作漫画『るろうに剣心』はジャンプスクエアで「北海道編」の連載がスタートした。

エンタメ

2017/09/05 05:00

(画像は映画『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』公式サイトのスクリーンショット)

EXILEのボーカルTAKAHIRO(32)との入籍と、妊娠3カ月を発表した女優・武井咲(23)。

一部のメディアで、来春撮影予定の映画『るろうに剣心』新作に出演を予定していたが、企画自体が白紙の可能性もあると報道された。

新作の情報自体、まったく告知されていなかったため、ファンの間で大きな話題になっている。


 

■映画『るろうに剣心』ファンの反応は

しらべぇ編集部がツイッターの反応を調査すると、ファンたちは「新作があるの? でも白紙なの?」と大混乱。出産時期とかぶる武井は降板となる予想が強い。

https://twitter.com/benisangocue/status/904461208803094530

https://twitter.com/southpn/status/904639051008925696

武井はヒロインの神谷薫を演じていた。ヒロイン役が変わるとすれば、シリーズ作品としても大きな違和感を残すことになりそうだ。


関連記事:『るろうに剣心』作者が児童ポルノで書類送検…「新作楽しみだったのに」の声

 

■『るろうに剣心』と実写化エピソード

『るろうに剣心』は、1994年から1999年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、アニメ化もされた人気コミック。伝説の人斬り・緋村剣心が明治維新を舞台に、剣術を駆使して悪と戦う歴史活劇だ。

原作は東京編、京都編、人誅編の三篇からなる作品である。実写化シリーズは過去に3作品。第1作では、東京編を元に作られ、第2作と第3作で京都編が描かれた。

次に実写映画化されるのは、剣心を狙う6人の復讐者との闘いを描く人誅編を元にしたものと見られている。


■今月から新連載開始

新作映画に関しては、公式サイトも立ち上がっていない状況であり、続報を待つしかない。

ただ、武井の演じた神谷薫は、人誅編の最後に剣心との子を育てる母となる。もし、予定通り撮影されるのなら、武井の出産と映画がリンクするのでは? と期待が高まる。

なお、4日発売のジャンプスクエア10月号から、「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編」の連載がスタート。人誅編の続編にあたる物語となっている。

(画像出典:Amazon

・あわせて読みたい→武井咲・TAKAHIROの結婚で注目 「恋愛禁止ルール」について弁護士が解説

(文/しらべぇ編集部・モトタキ