しらべぇ

小林麻耶、妹・麻央さんの納骨を終えたと報告 「いつも一緒だよ、大丈夫」

市川海老蔵も、妻・小林麻央さんの七十五日を迎えた心境を、ブログに綴っている

エンタメ

(画像はオフィシャルブログのスクリーンショット)

今年の6月22日、乳癌闘病の末に34歳という若さでこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。

5日、姉でフリーアナウンサーの小林麻央と、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵が、麻央さんの納骨を終えたことをそれぞれブログで報告した。

 

■麻耶「妹がみんなを優しく包んでいる」

麻央さんが亡くなった後、献身的に姪や甥の世話をする様子が印象的な麻耶。

そんな彼女は、『2017/09/05』と題したブログの中で、9月の暑い日差しの中、時折吹く心地よい風や、ちょっとした出来事などから、麻央さんの存在を感じたという。

「今日は汗ばむ陽気でしたが、時より吹く風が心地よく、妹がみんなを優しく包んでいるのかなと思えました。また、今日、暗い気持ちになりそうなとき、クスッと笑える出来事があったり、いつでも一緒だよ、大丈夫。と、言ってくれているようでした」

 

また、6日更新のブログ記事では、麻央さんが一番最初に投稿したブログ記事を読み返し、「力をもらいました」と亡き妹に思いを馳せ、彼女が遺した言葉が原動力になっていることを綴っている。

 

■海老蔵「人の生涯はわからない」

海老蔵は、タイムリーに複数回に分けてブログを更新。5日の夕方5時頃に更新されたブログでは、シンプルに麻央さんの納骨と七十五日を無事に終えたことを報告。

夫として、父として、胸にこみ上げる様々な思いを、必死に堪えていたのかもしれない。次に更新されたブログ記事には、夕焼け空の写真と共に、このように心境を綴っている。

「人の生涯はわからない、わからない事が多いです。切り開くものなのか? 最初から決まっているものなのか? 様々な想いの中、ロマンに生きてみたい、そう感じています」

 

最愛の人の死と向き合わなくてはならない大きな節目。こちらの文章からは、彼が漠然とした疑問を、大空に投げかけているような場面が目に浮かぶ。

次ページ
■ネット民からは「幸せになって」の声

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集