ビジュアルが圧倒的劣勢? 『もしズレ』で高橋真麻の闇深発言が好感

『もしかしてズレてる』に出演したフリーアナウンサー・高橋真麻が自身の見た目にネガティブ発言連発!

11日放送『もしかしてズレてる?』(フジテレビ系)に出演したフリーアナウンサー・高橋真麻(35)の、ネガティブ発言と短所を冷静に受け入れた自然体な姿勢に、共感が集まっている。

(画像は高橋真麻オフィシャルブログからのスクリーンショット)

 

■顔で勝負していない

「独身女性のこじらせた私生活」をテーマに番組は進行。真麻の1日に密着する。

「芸能人ぶっていると思われたくない」ため、マスクやサングラスなどで変装することなく、そのままの姿で街を歩く真麻。「顔で勝負していない」からメイクにも時間はかけない。

「芸能人なのにビジュアルがイマイチ。圧倒的劣勢」だと自覚し、「エステに行って、頑張ってソレ? と思われたくない」ため、エステには行かないと語る。

密着のカメラが近いことに「アップに耐えられない」と愚痴り、休みがあると「私、今日ニーズがない日なんだ」と落ち込むなど、ネガティブ発言が連発した。

 

■開き直って個性を活かす

片思いの相手に突然「寿司をおごれ」と呼び出されるなど、初恋で傷ついたことがネガティブの原因と20年来の友人が暴露。

しかし真麻は、「それ聞いてもあの時の私可哀想とは思わない。だから今バラエティでイジられても大丈夫なのかも」と語る。

「開き直りと言えば開き直り。この顔に生まれたこともある意味良かった。完璧なものに対して人は興味を持たない。ちょっと不幸な部分を持っている方がいい」

 

これまでの経験を踏まえた上で、自身を分析した。

次ページ
■視聴者は共感

あなたにオススメ