misono、自身の「嫌われる理由」を分析 自虐的な内容に励ましの声も

11日にインスタグラムを更新したmisono。自身が嫌われる理由について分析した。


 

■ガサツでも愛されていたら問題ナシ?

投稿を受け、ネット民からは励ましのコメントが寄せられている。

・下品、ガサツなんて、そんなぁ〜。みぃちゃん本当に皆想いで優しいよね見習わなきゃ!


・些細なとこまでみんなのこと考えて、そんなみぃものことガサツだなんて全然思わない!


・いやほんとガサツでも下品でもみーもが愛されてるのわ間違いないよ


・どこまでも周りの人のこと考えてるんだね そこだけはゆっくり歩いてもよかったのに〜(笑)


関連記事:熱愛報道のmisonoのブログ 「独特すぎる」と賛否両論の声

 

■3人に1人は「『個性的』は褒め言葉」

奇抜なファッションや言動から「個性的」と言われることが多いmisono。芸能界では強みになる個性だが、世間の人は「個性的だと言われること」についてどう感じているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,400名に調査したところ、「褒め言葉」ととらえているのは全体の3割という結果に。

3人に1人は肯定的にとらえている一方、多数は褒め言葉ととらえてないようだ。


「#愛されてるって言われる #仲間が良い人だから許されてるって言われる」とのタグも添えられていたmisonoの投稿。世間から嫌われているという認知はありながらも、夫を含め、周りの人たちからは好かれているようだ。

・合わせて読みたい→ぺこ&りゅうちぇるが挙式 ウェディングドレス姿とおしゃれな衣装を公開

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん