しらべぇ

オリラジ中田の「夫婦ゲンカも録音」に賛否 「そんなの家族じゃない」の声も

『ビビット』でオリエンタルラジオ・中田敦彦が、妻・福田萌と実践している夫婦ゲンカを収める方法を紹介した。

エンタメ

(画像はInstagramのスクリーンショット)

どれだけ仲の良い夫婦でも、ふとしたことでケンカしてしまうもの。その中で、独自の仲直り方法を実践している夫婦も少なくないだろう。

13日放送の『ビビット』(TBS系)で明かされた、オリエンタルラジオ・中田敦彦(34)の夫婦円満の秘訣が話題になっている。

 

■夫婦ゲンカを録音

番組では、秘書への暴言や暴行により自民党を離党した、豊田真由子議員の新たな音声データが公開されたことについてとりあげた。

その中で中田は、あえて録音機を相手に見せることで暴言を防ぐことができると主張。「隠さずにオープンにすることで逆に抑止力になる」と持論を展開した。

実際にこの方法を夫婦で実践していると明かした中田。夫婦で口論になりそうになると「ちょっと録音始めようかと」と、妻・福田萌(32)からの同意を得たうえで、ケンカの内容を録音するようにしているのだという。

 

■録音することで冷静になれる

この方法にスタジオからは驚愕の声が。録音していることで、むしろケンカが激しくならないのか、との声があがったが、中田は「会話を録音することで冷静になれる」と語った。

さらに、仕事先の上司や先輩が相手でも「『揉めそうだな』というときは録音しましょう。逆にそれで収まるんです」と力説した中田。豊田議員についても「『録音しますよ?』と言えば、ここまでにはならなかったと思う」と述べた。

 

■「不満も言えないのって家族じゃない」の声も

一連の中田の発言を受け、ネット民からは賛否両論の声が。仕事での録音については同意できるとの声があがったが、やはり気になるのは夫婦間での録音だ。

・ケンカも出来ない夫婦関係なんて要らんわ。お互いに言いたい事何も言えないなら夫婦でいる必要なし! 冷静になりつつ相手への不満も言えないのって家族じゃなくね

 

・冷静になるのは大切だけど、それが録音で証拠になるからっていうのは納得できない。感情をぶつけることはなくなるだろうな。そんなの家族じゃない

 

・後から録音した音声データを持ち出して「このとき、お前はこう言った」とか、「ここの部分が論理的におかしい」とかネチネチ言いそうな感じがする

 

・感情で言い合うと余計なことを言っちゃうこともあるし、冷静になれるし反省もできるからいい方法だと思う

 

■夫婦ゲンカでは夫のほうが折れている?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の既婚男女702名に「夫婦ゲンカ」について調査したところ、男性のほうが「折れるのは自分のほう」と回答している。

もしも録音していた場合、この割合も変わるかもしれない。

 

ケンカが絶えない、感情で言いすぎてしまう、という悩みを抱える夫婦は一度、中田の言うように録音してみると良いかもしれない。

・合わせて読みたい→パートナーや友人と円満になるためのコツ 「他人だと思うこと」に納得の声

(文/しらべぇ編集部・らむたそ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日
対象:全国20代~60代の既婚男女702名(有効回答数)

関連記事

人気記事ランキング

アルバイト募集中 WEBエンジニア募集